【Twitter】「絡み方3選」を徹底解説!警戒されずに絡む方法教えます!

 

「Twitterで趣味の友人を増やすため、絡みたい!もっと交流したい!」

 

と思っているあなた。

 

今回は筆者も実践して上手くいった『Twitterで有効な絡み方3選』をご紹介します。

 

・Twitterで「絡む」とは何か?

・「絡むこと」のメリットは?

・警戒されないためやるべきこと3選

・Twitterで絡む具体的な方法3選

 

の順番で記事を書いています。

 

本記事を読めば、Twitterから現実世界での交流に繋げることが可能です!

 

Twitterで絡んで失敗しないためにも、ぜひ最後までご覧ください。

 

1.Twitterで「絡む」とは?

 

そもそも、TwitterなどのSNSで「絡む」とはどんな行動の事を言うのでしょうか?

 

・フォローバック

・RTやいいね

・リプ

・DM

 

などが、Twitterで自分からできる主な行動です。その中でも僕が考える「絡む」は…

 

●リプ

●DM

 

の2つです。『相手と1対1でコミュニケーションをとった』ことを、絡んだと捉えています。(この場合のコミュニケーションとは、会話に近いものを指します)

 

では以上2点の行動をとると、一体どのようなメリットがあるのでしょうか?次章にて解説をしていきます。

 

「リプ」とは、“応える”を意味する『Reply』の略で、相手のツイートに返信する行動のことです。

「DM」とはダイレクトメッセージの略で、Twitter上でできる個人メッセージのことを指します。

 

2.Twitterで「絡むこと」のメリット3選

 

実際に僕がやってみてわかった、Twitterで絡むことのメリットは下記の3点です。

 

●現実の出会いに繋がる

●フォロワーが増える

●自分のコンテンツが拡まる

 

1つずつ解説していきますね。

 

①現実の出会いに繋がる

 

 

Twitterは基本的に「好きなことを呟き、情報を仕入れるメディア」です。つまり、あなたの好きなことや興味に関連するフォロワーが増えていきます。

 

そこから行動してリプやDMをし続けると、自然と仲良く雑談できる関係の人が現れるのです。

 

信頼関係が築けたら、あとは自然と「会いましょう」という流れになります。不思議かもしれませんが、そうして現実で交流する人はたくさんいます。

 

 

ちなみに僕も別垢をキッカケに、介護系サービス社長とお会いできたりしました。

 

他にも「Twitterでやり取りし、ライブなどのイベントに一緒に行く」なんてのはザラにありますね。

 

使い方次第で、本来出会えなかったような人との出会いに繋がるのが1つ目のメリットです。

 

②フォロワーが増える

 

 

説明が難しいのですが、密な絡みをすることで「人間味」が感じられ、フォロワーが増えます。

 

というのも、Twitterは匿名のSNSであるため、基本的に相手がどんな人か信頼できません。

 

・ただフォロワー増やしたいだけの垢

・偽プレゼント企画をする垢

・悪質ビジネスに誘導したい垢

 

などなど、匿名ゆえの「悪いアカウント」が世の中大量に出回っており、あなたも1度くらいは見たことがあるはず。

 

そんな「悪いアカウントなんじゃ無いか?」という警戒を解く1つの手段が、『積極的な絡み』なのです。

 

現実世界でも、挨拶をし、趣味や興味に関する雑談をしている人を見たら信頼できますよね?Twitterもそれとまったく一緒!

 

あなたもTwitterをやるからには、フォロワーは多い方がいいはず。そのためには、積極的な絡みによってあなたを信頼してもらい、警戒心を解くことが必須なのです。

 

③自分のコンテンツが拡まる

 

 

これは全ての人に一致するわけではありませんが、「あなたが売り出したい何か」を絡みによって拡散することが出来ます。

 

例えば僕の場合は『ブログ』です。他にコンテンツ例としては、YouTubeチャンネルや、イベント、会社、クラウドファンディングなどがありますかね。

 

Twitterで積極的に絡むことで、相手が覚えてくれます。すると何かコンテンツを作った際に、「コイツがやったことなら見てやるか」と気が向く可能性が上がるのです。

 

僕自身もブログの投稿ツイートをRTして貰ったりと、仲良くさせて頂いていたおかげで、沢山のメリットがありました。

 

 

でもここまで協力関係を得るためには、実はそれなりの工夫が必要だったりします。

 

もし誤った絡み方をしてしまうと、相手にウザがられ、誹謗中傷されたり、最悪の場合ブロックをされたりする恐れも。

 

なので次章では『絡むために必要な最低限の工夫3つ』をご紹介しますね!

 

3.Twitterで絡むために必要な「最低限の工夫3つ」

 

絡む上で、「これだけは抑えておきたい!」という工夫点は3つ!

 

●怪しくないプロフィールにする

●一方的にならない(=相手にメリット)

●頻繁に活動する

 

以上3つを心がけていれば、誹謗中傷されたり、ウザがられることはまずありません。

 

1つずつ解説していきますね。

 

①怪しくないプロフィールにする

 

 

プロフィールがうさんくさいと、絡んでも警戒されてしまいます。

 

ではどんなプロフィールはNGなのか…一概には言えませんが、僕が見た感じ「コレはダメだ」と思う特徴は以下の通り。

 

・フォロー数がめっちゃ多く、フォロワー数が極端に少ない

・逆に大したことを呟いていないのに、フォロワーが極端に多い

・露出の多い女の子の画像

・「稼げる」等の怪しさ満点の記述

・“タメ口でいいよ”と何故か上から目線

 

上記のように、明らかに怪しそうだったり、利己的なアカウントは絡みたくないです。

 

そのため、「どんな人かわかるプロフィール」にすることが大切です。

 

簡単なテクニックとして、年齢や出身地、やっている活動や趣味の知識を載せておくと、警戒心が下がりますよ!

 

②一方的にならない(=相手にメリット)

 

 

「良ければ俺のツイートRTしてください!」など、一方的な絡み(お願い)をしてくるアカウントはウザがられます。

 

もしそういったお願い系の絡みをするならば、「代わりにあなたのツイートもRTします」などの“お返し”が必要不可欠です。

 

現実世界でも何か貰ったら、「その分お返しをする, 価値を届ける」という行動を取りますよね?Twitterもそれと同じ!

 

相手に何かしらのメリットがあるならば、絡みは許されます。ウザがられ、信頼を失わないためにも、まず相手のメリットを考えましょう!

 

③頻繁に活動する

 

「1つ前のツイートが2年前」など、全然活動していないアカウントは警戒されます(活動が無いことを“低浮上”と呼びます)

 

警戒により、絡むどころか前提としてフォローバックされなくなってしまうのです。

 

ちなみにTwitterでは性質上、下記のように投稿した年月、時間が表示されるようになっています(画像赤枠)↓

 

 

Twitter利用者はココを見て、「こいつは頻繁に利用してるから、フォローバックしてくれたり、何かしらメリットになるぞ」と考えてくれるのです。

 

そのため、相手にメリットを感じてもらうためにも、どんな内容でも良いのでRTやツイートをしましょう。

 

更新した年月が最近であればあるほど、繋がれる確率は上がります。なので出来るだけ頻繁に活動することを意識してくださいね!

 

4.Twitterで絡む具体的なやり方

 

ここまでで「絡むとは何か」を理解し、「絡む前までの段階」はクリアしました。

 

なので、最後に本題である『絡む方法』を解説していきたいと思います。

 

その具体的な方法は以下の通り↓

 

・DMで「フォローありがとう」

・○○するので☆☆して下さい!

・今度お会いしましょう

 

僕が実践し、効果的だった方法をピックアップしています。1つずつ丁寧に解説していきますね。

 

①DMで「フォローありがとう」

 

TwitterのDMで「フォローありがとうございます!」と挨拶をするテクニック。

 

コミュニケーションの初めは挨拶が重要なのは周知の通り。これをTwitterでも生かしている形になります。ただ……

 

初心者さん

挨拶したくらいで何かメリットがあるの?

 

と思われた方もいるでしょうが、実はDMで挨拶をする人は全体の10%もいません。つまり、『挨拶をするだけで、全体の1割に入り認知される』という大メリットがあるのです!

 

挨拶をされて嫌な人はいない

フォロワーで話した人の1割に入る

意識されて、深い絡みに繋がる

 

というカラクリになっているわけです!挨拶ならコミュ障でも出来ますし、メリットも多数とあらば、やらない手はありません!

 

本当にオススメの絡みテクニックです。

 

②○○するので☆☆して下さい!

 

これは先ほどの「一方的にならない」という注意点を利用したテクニックです。人間の心理である“返報性の原理”も生かしています。

 

利己的にならず、相手にメリットがある提案をすることで、自分の願いも叶えてもらうという絡み方です。

 

例えばどんな絡みができるかというと…

 

・RTするので、僕のもRTして下さい!

・絶対フォローバックするので、フォローして下さい!

・3名様にプレゼントするので、フォローして下さい!

 

などがあります。これらは相手にもメリットがあるため、うまくいく確率が高く、多くの人が利用しているテクニックです。

 

フォロワーを増やしたり、指定のツイートを拡散してもらうためにも、まず相手に与えられる価値を考えましょう。

 

③今度お会いしましょう

 

 

これは現実世界に最もプラスな影響を与える絡み方です。実際に知人となるべく、DMなどで会う提案をします。

 

・ライブ等のイベント参加

・飲み会などの集まりを企画

・ビジネスの相談

 

など、お互いに有益な何かしらの機会を通じて交流するのが一般的です。

 

僕も一度、新規介護サービスを展開する社長とTwitterをキッカケにお会いし、交流させて頂きました。

 

やはりSNSも時間を掛けて行うのですから、現実世界の充実に繋げた方がトクだと僕は思います。

 

なので、ある意味この「会いましょう!」という絡みが、Twitterの最終目標ともいえますね。会うことを目的に絡むよう、今後は意識してみて下さい。

 

p.s.

 

今回の記事では『Twitterでの絡む方法』を、メリットなども含めてご紹介しました。

 

ただ本記事を読んだ方の中には…

 

初心者さん

絡む方法はわかったんだけど、そもそもフォロワーが少ないんだよね…

 

というお悩みを持った方も多いと思います。

 

そのため、筆者がフォロワーを0から1,800まで増やした裏技を、下記の記事でご紹介しています↓

 

どんな人でも、地道な努力さえできれば、確実にフォロワーを増やせるテクニックです。

 

裏垢や趣味垢を持っていて、フォロワーが少ないあなた!ぜひフォロワー1万人超えの人気アカウントを目指すべく、読んでみて下さい。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

それでは~ダンケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!