【乃木坂46】握手会のボッチ率は?一人で参戦は問題ないか徹底検証!

 

「握手会ボッチ参戦しようかな…」と迷ってはいませんか?

 

ボッチ参戦は、握手会に限らず様々なところで躊躇してしまいますよね。

 

でも、もし独りで来ている人が多いなら、非常に行きやすくなると思います。

 

ということで今回は、『乃木坂46握手会のボッチ率&ボッチ参戦は問題ないか?』について徹底解説していきます。

 

筆者はこれまでのイベント参加50以上!なので、もちろんボッチ参戦の経験アリです!そんな実体験も元にして、解説をします。

 

握手会を悪い思い出にしないためにも、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

1.握手会にボッチで参戦する人は多い

 

 

では、乃木坂46の握手会に「ボッチ=独り」で参戦する人はどのくらいいるのか?

 

僕が握手会に行って見かけた感じだと、待機列で8人に1人くらいはボッチの人がいますね。(日によっては5人に1人くらいかも)

 

また、複数人は2人~3人で固まっている場合が多く、たまーにもっと大人数のグループもある感じです。

 

http://nogitweet.com/乃木坂46握手会にぼっち参戦なんだが

↑掲示板やお悩み相談でも、上記のようにボッチを不安視するオタが大勢いる

 

つまり、『乃木坂46の握手会にボッチ参戦する人は意外と多い』という結論です。

 

なので、ぶっちゃけそこまでボッチを引け目に感じる必要は無いかな…というのが筆者の意見ですね。

 

まぁとはいえ!ボッチ参戦にも確かにデメリットはあります。なので、次章ではメリットと併せて紹介していきますね。

 

2.ボッチ参戦のメリット・デメリット

 

では、握手会ボッチ参戦のメリット・デメリットを簡単に紹介していきます。

 

実際に筆者がボッチ参戦した経験を元に列挙していますので、独りで参戦を考えている人は参考にしてください!

 

自由に行動できる

ボッチは自由に行動することが可能となります。

例えば、もしあなたはグッズ購入したいけど、相手は早く握手会に並びたい…と意見が分かれた場合、どちらかが妥協しなくてはいけませんよね?

そういった気遣いが一切必要なくなり、あなたがやりたいように握手会で過ごせる…というのがボッチ最大のメリットです。

 

失敗しても気まずくならない

握手会ってたまに緊張して大失敗することがあります。一言も喋れなかった…とか。

そんな恥ずかしい握手会になったときでも、もし複数人で参加していた場合、必ずレポを強要されます。

「いやぁめっちゃ良かったよ!お前は?」などと聞かれたときに、「一言も喋れなかった……」という時の劣等感は、正直半端ないです。

同じお金を払ったのに、自分は大失敗で、相手は楽しく喋れてる。そこに嫉妬するというのは、意外と有りがちなんですよね(笑)

もちろん、独りならそんな心配は皆無です。自分の中で収めて終わりですから!

 

効率よく回れる

もし複数人で参加した場合、「どこかで待ち合わせ」「握手したい人の共有」「どう回るのかの共有」など、示し合わせが多数必要になります。

さらに、相手がもし普段そこまで話さない人だったりすると、総計7~8時間の待ち時間で会話が尽き、気まずくもなります。

つまり複数人での参戦は時間的、精神的に浪費することが多いのです。

ボッチ参戦なら、一人で行ってサッとやりたいことをやって帰ってこられます。気を遣う必要も皆無です。

なので、あらゆる面で効率が良いというメリットがあります。無駄な時間を減らしたい方はボッチ参戦が向いてます。

 

喜びを共有できない

→複数人で参戦する最大のメリットは、「握手会の喜びを共有できる」という点です。

「飛鳥ちゃん顔小さかったぁ!」「マジ?与田ちゃんも可愛いかったで!」「俺なんて好きって言ってもらったぜ!」「いいなぁ!」

などと、レポを共有することでテンションが上がり、握手会の楽しさが何倍にも爆発します。

これがボッチだと、嬉しくても独りでニヤつけませんし、良い握手会だったとしても心に留めておくことしかできません。

それが少し寂しかったりします。悪い意味で淡々と進んでしまうというのが、ボッチ参戦のデメリット1つ目です。

 

トイレ待ちができない

→握手会で列に並んでいる時、「ごめん、トイレ行きたいから並んでて!」がボッチ参戦だと出来ません。

そのため、イチから並び直さなきゃいけないというデメリットがあります。これは大幅な時間のロスに繋がりますよね…。

前後の人に「すみません、トイレ行きたいので並んでて頂けますか?」とお願いできるなら問題は無いですが、結構なコミュ力が必要ですし…。

とにかく、並んでいるときに臨機応変な行動ができないというのが、ボッチ参戦の大きなデメリットの1つです。

 

ノリで握手できる

仲の良い知人と参加すると、雑談をしながら流れで握手できるため、それほど緊張せずに、メンバーとノリで話せるというメリットがあります。

ボッチ参戦ですと、緊張を緩和するタイミングが無いです。“それまで黙っていたのにいきなり会話”という展開になるため、失敗に繋がりやすい…。

特にコミュ症の方は、緊張して話せないという現象が顕著に出るでしょう。実は口下手な人ほど、複数人で行くべきだよなぁ…と日々感じてます。

 

3.【筆者の主張】普段から独りでも大丈夫なら、ボッチ参戦も問題ナシ!

 

 

さて、メリット・デメリットを解説してきましたが、結局のところ「ボッチ参戦は良いのか?悪いのか?」を決めていきます。

 

結論をいうと『普段からボッチでも大丈夫なら、握手会ボッチもOK』です。

 

学校や会社など、独りで行動することに抵抗ない方は、握手会も同じように過ごして問題なし!

 

ただ、普段からボッチに劣等感や寂しさ、虚しさを感じるようならば、握手会ボッチ参戦はやめた方が良いです。

 

当たり前っちゃ当たり前の結論になってしまいましたが、ボッチ参戦にはメリット・デメリット両面があるので、仕方ないかなと思います。

 

本記事を読んで「何となくボッチ参戦は嫌かなぁ…」と感じた人は、オタク友達を作って一緒に行くべきでしょうね!

 

p.s.

 

今回の記事を読んで、

 

初心者オタ

ボッチ参戦は嫌だけど、イベント一緒に行くような友達が居ない!どうすればオタク友達が増えるの??

 

という悩みが湧いた方もいるかと!

 

そんな「ボッチが嫌だ!仲間が欲しい!」という方は、ぜひ下記の記事をご覧ください↓

 

オタク友達を増やす方法を、実体験から複数パターン紹介しております。

 

人間は元来社会的な生き物で、特に日本人は群れ意識が強いです。なので、せっかくならオタク仲間がいても楽しいのかな…と僕は思います。

 

そしてもし「どうしても仲間が増えない…」という方は、僭越ながら僕が仲良くさせていただきます!!笑

 

ぜひTwitterフォローなどして、気軽に「ブログ読みました~」などと話しかけてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

それでは~、ダンケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!