【大学生】映画を「最も格安で」見る方法を徹底比較してみた(1本0.25円で見れる!)

大学生

あー、映画見たいなあ。

でも最近飲み会でお金ないし、

一番安い値段で見れる方法を知りたい…

 

ということで今回は、

 

「映画館で割引」で見る

「TSUTAYAなど店舗レンタル」で見る

「VODなど見放題サービス」で見る

 

という映画を見る主要な3手段に分けて、

「一番格安で映画を見る方法」

を徹底比較&決定していきます!

 

1年間に100本映画を見る私が、

“極力金をかけないで映画を見よう”と、

30以上のサイト・友人のアドバイス等

を元に考察したデータを根拠にしています!

 

●映画館は月曜日と12/1に行け!

●最新作みるならTSUTAYAが格安!

●日本で映画最安値は「Amazon Prime Video」の0.25円

 

という順番で解説しています。

金欠だけど映画を見たい方向けに、

実際の数字を用いて比較しています。

 

VOD映画の本数や細かな値段など、

若干の誤差が生じる場合があります。

 

常にデータ収集には努めておりますが、

その点を事前にご了承いただいたうえで、

ご覧ください。

 

1. 「映画館で割引」最も格安で見る方法

 

映画館公式など30サイト以上を参考に、

一番安く見る方法を調査!

 

その結果「1,000円 or 1,100円」が、

最も現実的で、格安ということがわかりました。

 

どの映画館の、どんな割引方法なのか、

1つ1つ列挙していきます。

あなたに合うものを探してみて下さい。

 

一般的に安いといわれている、

「学割」「レディースデイ」などは、

基本的に1,200~1,500円かかります。

最安値を狙うならそれ以外の日をおすすめ!

 

①1,000円で観る

 

●12/1 映画の日

TOHOシネマズなど、

12/1は1,000円で映画を鑑賞できます。

 

●月曜日 ハッピーマンデー

これは「イオンシネマ限定」です。

毎週月曜日は1,000円で鑑賞できます。

 

他にもテアトルなどでは、

会員サービスで1,000円になることも。

しかし会員費がかかるため省きました。

 

②1,100円で観る

 

●毎月10日 109シネマズデイ

どの月でも10日であれば、

109シネマズは1,100円で観られます。

 

●毎月20日 MOVIX/イオンシネマ

毎月20日はMOVIX/イオンシネマで

映画を1,100円で鑑賞できます。

 

●毎月30日 イオン感謝デイ

イオンは毎月30日も1,100円!

安く観るならイオンは狙い目ですね。

 

●毎週月曜 auマンデー

TOHOシネマズ限定です。

auユーザーは月曜日が安くなり、

1,100円で観ることができます!

 

まとめ

月曜日のイオンシネマ

12/1と毎月ゼロの付く日

は映画鑑賞が安くなるので狙い目!

値段は映画一本につき1,000~1,100円

 

②「TSUTAYAなど店舗レンタル」最も格安で見る方法

 

続いては二大巨頭ツタヤ・GEOでの

「店舗でのレンタル」についてです。

 

近年動画配信サービスの台頭で、

すっかり利用が減ってしまいました。

 

しかし、もし新作を見たいのならば

店舗レンタルのほうがオトクなんです!

 

そういった利点を紹介しつつ、

最安値を探っていきたいと思います。

 

①TSUTAYA

 

店頭で借りる(1本)

新作(一泊二日) 320円
準新作(七泊八日) 260円
旧作(三泊四日) 150円

宅配レンタルサービスを使う

ツタヤの宅配レンタルとは、

例えば「DVD8本」などと定めたら、

決まった額で家に届けてくれるサービスのこと。

 

もちろん新作も借りられます!

 

値段は一番安い8本プランの場合、

(9本目以降旧作借り放題が付いて)

定額2,014円です。

 

※新作を借りると2,014円÷8本で、

一本251円の計算になります。

これ実は見放題サービスより安い値段!

 

ツタヤは新作なら見放題(VOD)に勝る!

と覚えておくと良いかも!

TSUTAYA 宅配レンタルはこちらから

 

②GEO

 

店頭で借りる

新作(一泊二日) 320円
準新作(七泊八日) 260円
旧作(七泊八日) 108円

※店舗によって値段が前後します

宅配レンタルで借りる

8本で2,008円で借りられます。

ただツタヤと違うところは、

旧作借り放題が付かないところ。

 

ただし30日の無料お試し

ができ、それを利用するのは良いかも!

 

まとめ

・TSUTAYAは2,014円(旧作見放題)

・GEOは2,008円(無料お試しあり)

・新作だけ見るなら一本251円とオトク!

 

3. 「動画見放題(VOD)サービス」最も格安で見る方法

 

最後は動画見放題サービス…

通称VOD(ビデオオンデマンド)です。

 

●Amazonプライムビデオ

●U-NEXT

●Hulu

 

など、近年利用者が増えるサービスで、

最も安く映画を見られるのはどれか?

 

さて結論からいうと、

最安値は『Amazon Prime Video』です!

その理由を詳しく分析していきます。

 

①Amazon Prime Video

出展:amzon prime

 

まずはアマゾンプライムビデオ!

月額たったの408円で、

洋画・邦画が見放題!

 

一か月の価格だけでいえば、

間違いなく最安値といえます。

 

かつアマゾンプライム会員は…

 

・Amazonでの配送料が無料に

・お急ぎ便なども無料に

・Prime Musicで100万曲が聴き放題

・Prime Readingで本も無料で読める

・Kindleが4,000円引きで買える…

 

など、全部で14の特典が付きます。

総合的に見たらお得なサービスです。

 

また、もしあなたが学生ならば、

Amazon Prime Student

がかなりオススメです!

 

先ほど紹介したサービスそのままに

月額およそ250円で利用できるんです!

プライム会員のなんと半額ですね!

 

また通常でも学生版でも、

「無料会員登録」ができます!

使ってみて合わなければ辞めてよし!笑

(通常=1か月、学生版=6か月無料)

 

このように最高なサービスなのですが、

映画一本当たりの値段は、

一体いくらなのか見てみましょう。

 

洋画+邦画合わせると、

だいたい1,500~1,800くらいあり、

時が経つごとに作品数は変化します。

 

間を取って1650本あるとして

これを月額料金で割ると、

408円÷1,650=約0.25円/本です。

 

ちなみに先に言っておくと、

この値段は他のVODより安いです!

 

後ほど詳しく解説します!

そのまえにまずはU-NEXT,Huluと、

人気のVODも分析していきます。

 

 

②U-NEXT

出展:U-NEXT

 

続いてはU-NEXTです。

 

月額1,990円で映画以外も含めて

VOD史上最大数の動画が見られます。

その数見放題は9万本ほど!

 

漫画や雑誌なども見放題なので、

コンテンツ的には充実しています!

 

更に毎月の初めに、

U-NEXT内で使える1,200ポイントが付与されます。

 

それで2作ほど新作が見れたりと、

オトクな使い方ができるのも特徴!

 

もちろん無料体験期間もあり、

31日間は無料で見放題できます!

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

さてそんなU-NEXTですが、

映画一本当たりの値段はいくらでしょうか?

洋画+邦画の見放題7,460本で計算します。

 

1,990円÷7,460本=約0.27円/本

になります!amazonの方が若干安い!

 

ただU-NEXTは雑誌などがありますし、

更に大人向け動画も含まれたりと、

コンテンツ数はピカイチなんです。

 

VODを比較する際は、

あなたの求めるものとサービス内容が、

しっかり一致するか大切な視点です。

 

次のHulu解説でも、

その視点を持って読んでみて下さい!

 

 

③Hulu

出展:Hulu

 

ということで最後はHuluです。

映画だけでなく、

日本のドラマなどにも強いのが特徴!

 

月額990円(税別)で、

1,600以上の洋画・邦画が見放題!

 

そして映画一本当たりの値段は、

990円÷1600本=約0.6円です。

 

映画のコスパだけで見ると、

AmazonやU-NEXTの方がお得かと!

(ドラマなどを含めるとHuluも得です)

 

4. 【まとめ】結局一番安いのは『Amazon Prime Video』

 

さあ一気に方法を解説したので、

少しわかりづらくなってきました!

 

ということで全て整理して、

最も格安な映画視聴方法を決めましょう!

 

【映画館 価格早見表】

  1,000円 1,100円
12/1 映画の日  
イオンシネマ 月曜  
毎月10日 109  
毎月20日 Movix/イオン  
毎月30日 イオン  
au 毎週月曜  

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

●12/1の映画の日

●イオンシネマの毎週月曜日

●上記2つが最安値の1,000円

 

【店舗レンタル 価格早見表】

  TSUTAYA GEO
レンタル本数 8本(旧作見放題) 8本
価格 2,014円 2,008円
DVD一本当たりの価格 251円(新作も可) 251円(新作も可)


まとめ

●旧作見放題付きのTSUTAYAがお得

●新作一本251円は最安値

 

【VOD 価格早見表】

  Amazon Prime U-NEXT Hulu
映画の価格/1本 0.25円 0.27円 0.6円


まとめ

●映画1本あたりの値段は、

Amazon Prime Videoが最安値!

●所持本数は8千本でU-NEXTが充実

●日本ドラマはHuluが充実!

 

【最安値の比較】

  映画館 店舗レンタル VOD
価格/映画1本 1,000円 251円 0.25円

 

注意点として、

「映画館は最新作かつ大画面で、

他2つと違う独自の楽しみがある」

ということは理解してください。

 

ただもし安く沢山の映画を見たいなら、

Amazon Primeが圧倒的に格安です!

 

月に408円(学生は250円)で

14ものサービスが付きますし、

総合的に見てもコスパは良いと思います。

 

 

5. おわりに

 

いかがでしたか?

 

「最も格安で映画を見るには、

Amazon Prime Videoが良い」

という結論になりました。

 

昔は無かった配信サービスが、

1本0.25円で見られるという、

驚きの安さを生み出しています。

 

また他のサービスにも長所があり、

価格だけでは見られない部分に、

様々なお得サービスが隠れています。

 

それらをサイトなどで比較しつつ、

まずは無料お試しをして、

便利さ、格安具合を確認してください。

 

見るべき映画もたくさんあるので、

まとめたものを上げておきます!

機会があれば見てみて下さい。

 

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

 

それでは~、ダンケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!