【日向坂46】おすすめのペンライト4選!機能性, 値段などを徹底比較!

 

どーも、コバです!

 

今回は『日向坂46のライブでオススメなペンライト4選』です。

 

・キングブレード x10V

・キングブレード x10Ⅱ

・日向坂46 公式

・その他格安ペンライト

 

の4つを紹介していきます。オタ歴7年目の僕が厳選に厳選を重ねて選んだ4つです!

 

ペンライトで見るべき機能3点

オススメのペンライト4選

結局どれがオススメなのか?

ペンライトの豆知識

まとめ

 

という流れで進んでいきます。本記事を読めば、強オタ並みにペンライトについて詳しくなれますよ!

 

知らずに低い品質のペンライトを購入してしまい、金銭面で損しないためにも、ぜひ最後までご覧ください。

 

1.【ペンライトを選ぶその前に!!】機能はどこを見るべきか?

 

まず最初に、「ペンライトの選び方」を解説します。

 

さてここでいきなりですが質問!

 

『ペンライトの用途って何ですか?』

 

……そう、ライブですよね!基本ライブ以外でペンライトを使うことは無いです。

 

ということは、「ライブで使いやすいかどうか」が、ペンライトを選ぶ上で見るべき点だということです!

 

そして僕の経験上、ライブで使いやすいペンライトとは、下記の3つ機能が揃っているペンライトだとわかりました↓

 

・握りやすさ

・電池の持ち

・光り方

 

それぞれの機能について、「なぜ備わっていた方が良いか?」をご理解いただけるよう解説していきます。

 

①握りやすさ

 

握りやすい方がよいというのは…

 

・手からすっぽ抜けるのを防ぐ

・“握り疲れ”するのを防ぐ

 

という2つの考えからきています。

 

手にグリップ部分がフィットしないと、ペンライトがスルッと抜けてしまうことがあるんです。

 

下の席に落ちて、取りに行くのが困難になる…苦労して取りに行き、1曲分見逃す……なんていう最悪な事態に陥ることすらあり得ます。

 

また、握るグリップ部分が太かったりして手に合わないと、落とすまいとして「ギューっ」と無駄な力を込める必要が出てきます。

 

2~3時間ギューっと掴んでいては、疲労がバカになりません。翌日力が入らず、仕事や学校に影響したら最悪です。

 

これを細く、握りやすいグリップにするだけで数分の一の力で済むようになることから、握りやすさは重視すべきだといえます。

 

②電池の保ち

 

 

結論からいうと、電池に関しては『1回のライブ時間保つなら大丈夫』です。

 

僕の経験上、ライブ2~3回分くらい連続使用すると、どんなペンライトでも光量が落ちてきます。(=4~6時間くらい)

 

ただ!正直ペンライトの電池残量にまで気を使うのって面倒くさくないですか?

 

初心者オタ

今は2回目だから、次のライブで電池を換えるんだよな。…あれ?違うか、この間が3回目だから…

 

ライブは1年に数回しか無いイベントです。だからこんな風に残量を覚えていないこともしばしば…。

 

そのため、コツとしては『ライブごとに毎回電池を交換しちゃう』のがオススメです。

 

いちいち残量を覚える負担も要らないですし、電池は100均で5本くらい購入できます。つまりお財布に優しいんです!

 

光量が落ちてくることを心配してライブ中に集中が途切れるくらいなら、ライブ前に安く電池交換をしちゃいましょう。

 

また、サイリウムの電池はたいてい「単4電池」です!単3と間違える人が多いので、気をつけましょう。

 

③光り方

 

※上は「キンブレ シャイニング」で、光り方は最高品質

 

「明るい」「暗め」など、光り方はメーカーによって異なってきます。

 

ただ個人的には、「明るければ明るいほど良い」と考えています。

 

その理由は2点↓

 

・明るい時間帯にも使う

・目立つことでレスに近付く

 

解説する上で想像して欲しいのですが、ライブ開演時間が16時~とかだと、夏ならかなり明るいですよね?

 

そこで暗めのペンライトを光らせても、光量が太陽に負けるので、意味ないんです。つまり持つだけ無駄になると……。

 

しかし、それが明るいペンライトなら、太陽に負けず発光してくれます。色もしっかり出てくれて、気分も上がりますよね。

 

さらに、“メンバーカラー”がしっかりと出ることで、少しでもレスを近付けられます。

 

なぜなら、メンバーも明るい人と暗い人なら、明るい人の方に目がいくはず。目線を集め、レスを貰うなら明るいペンライトは有効なのです!

 

ということで次章から、本題の筆者おすすめペンライトを4選紹介していきます。

 

2.筆者おすすめのペンライト4選

 

先程解説した、「ペンライトを購入する際に見るべき機能3つ」をおさらいします。

 

・握りやすさ

・電池の保ち

・光り方

 

この3点のうち、「電池の保ち」に関しては、経験上そこまで差がないことがわかっています。(また“電池はライブごとに交換する方が良い”という話もしましたよね?)

 

そのため今回は…

 

●握りやすさ

●光り方

+価格の安さ

+色の種類

 

という4基準に☆を付けて紹介したいと思います。(☆の数が多いほど良い評価で、マックスで5つ付きます)

 

プラス僕が実際使ってみてor見てのレビューも載せています。

 

変なペンライトを購入し、損をしないためにも、オタ歴7年目の筆者オススメをしっかり押さえ、最高の物を選ぶよう心掛けてください!

 

①キングブレードx10V シャイニング

 

 

価格の安さ…☆☆

色の種類…☆☆☆☆☆

握りやすさ…☆☆☆☆☆

光り方…☆☆☆☆☆

 

【レビュー】

 

「キングブレード」は、ライブ用ペンライトにおいて日本ナンバーワンシェアを誇る、超人気ブランドです。

 

僕調べでオタクの7~8割はキングブレード(通称:キンブレ)を使っています。

 

そして、その人気ブランドの最新作が『キングブレードx10V シャイニング』となっています。なんと2019年4月に発売したばかり!

 

そんな本作最大の特徴は、「スマホで色を登録可能」というものです!色の組み合わせが無限で、自由に登録できます。

 

こんな感じで専用アプリを使い、Bluetoothからキンブレに反映させることができます(以前は赤外線で登録しており、手間がかかっていた)

 

 

この機能により、「ライブで頻繁に使う色のみを登録し、無駄な色は省く」ことが出来るのです。

 

また、もし「登録がダルい」というあなたも、元々デフォルトカラーで15色が入っているので、そちらを使うこともできます。

 

ただ機能の高さゆえお値段は高めです。しかし、amazonで今なら値引き中1本3千円なので、買うならお早めに、

 

②キングブレードx10Ⅱ シャイニング

 

 

価格の安さ…☆☆☆

色の種類…☆☆☆

握りやすさ…☆☆☆☆☆

光り方…☆☆☆☆☆

 

【レビュー】

 

キンブレの第2弾です。先程紹介した「V」より前の型ですね。

 

・色は主要な15色

・価格は1本2,000円弱

・握りやすく、光量も良い

 

という機能的にバランスの取れた商品です。価格の安さから、オタクにもっとも人気のペンライトとして愛されてきました。

 

しかし、「15色で足りるの?」という疑問を持つ方もいるかと思います。結論からいうと全く問題ないです。

 

なぜなら、僕もキンブレⅡを7年間使っていたのですが、色の少なさで困ったことは1度も無いからです。99%問題なく使えます。

 

また光量に関しても、キンブレには“シャイニング=明るめ”と“スモーク=暗め”の二種があるのですが、うちシャイニングは最高に明るい色を出してくれます。

 

*「なぜ本ブログではシャイニングしか紹介していないのか」という理由は、後ほど解説していきます。

 

③日向坂46 公式

 

 

価格の安さ…☆☆☆

色の多さ…☆☆

握りやすさ…☆☆

光り方…☆☆

 

【レビュー】

 

日向坂46の公式グッズ『スティックライト』です。ライトに「日向坂46」と文字が書いてあるのが特徴。

 

そのため、日向坂46のファンだということをアピールでき、自分の中でも気持ちが高まるメリットがあります。

 

しかし、光量も微妙で、グリップも若干太め。色もキンブレが自由自在(もしくは15色)だったのと比べ、1色少ない14色しかありません(これが意外とデカイ)

 

ちなみに気になるお値段は公式にて2,300円です。キンブレⅡより少し高いくらい。

 

また乃木坂46や欅坂46など、他のアイドルには使いづらいという面もありますので、その辺を踏まえて購入検討して欲しい商品です。

 

④その他格安ペンライト

 

 

価格の安さ…☆☆☆☆☆

色の多さ…☆☆☆

握りやすさ…☆

光り方…☆

 

【レビュー】

 

ノーブランド品のペンライトは、「とにかく安い!」というのが唯一無二のメリットです。

 

中には2本で1,700円なんていうあり得ない価格帯で販売されています。しかも色はちゃんと15色揃ってたり…。

 

ただ安いぶん、グリップは短くて持ちづらい、光は驚くほど弱いという特徴があります。

 

また安物はキンブレ等と比べても明らかに違うので、持っていて恥ずかしさを覚える人もいるかと思います。

 

金欠だけどペンライトが欲しい…という学生などにはオススメです。

 

3.キンブレの隠れた魅力2選

 

ここで、「知っておきたいキンブレの隠れた魅力」をお教えします。

 

●なぜスモークではなくシャイニングを推すのか?

●電池の取り外しが超簡単

 

という2点です。より自信を持って購入するべく、絶対に抑えておきたい予備知識となっております。

 

①なぜシャイニングが良いのか?

 

本記事では「スモーク」という色味より、「シャイニング」ばかりを推してきました(他にもスモーク短めverのスーパーチューブというものもある)

 

その理由は、「シャイニングならスモークの暗さも出せる」からです。まず下記の画像は、「キンブレx10Ⅱ シャイニング」を普通に電源オンにした画像です↓

 

 

そして、このキンブレに「白い印刷用紙」を巻いてみます…

 

 

この紙を巻いた状態がなんとスモークの光り方とソックリなのです。つまりシャイニングなら、2つの光り方を再現できるという事になります。

 

シャイニングの方がお得なのは明白ですね。

 

②電池の取り外しが超簡単

 

キンブレは「電池の取り出しがラク」というオマケ機能も付いています。その手順を簡単にご説明しましょう。

 

まず、下記のように硬貨を用意し、キンブレ裏面のネジを巻きます。

 

 

開けると下のように「リボン」が付いています。このリボンを引っ張るだけで、単4電池が一発でとれるよう工夫されています↓

 

 

先程も述べたように、電池はライブごとに交換するのが吉です。それを考えると、取り出しがラクなのは地味に有難いのです。

 

4.【まとめ】結局一番おトクで使いやすいペンライトはどれ?

 

結論として、僕が最もオススメするペンライトは『キングブレード x10V シャイニング』です。

 

 

その主な理由は5つあります。

 

・色の登録が自由自在で、あなたに合った色を素早く出せる

・しかも既にデフォルトで15色入っている

・Bluetoothで超簡単にアプリと繋げる(今までこの機能は無かった)

・とにかく握りやすい

・現在セール中で1本3,000円

 

同じようにアプリで色を替えられる最新キンブレは、数年前まで1本5,000円で販売されていました。

 

それが、今はBluetoothで簡単接続できるようになって、デフォルトカラー15色が付いて、1本3,000円です。うらやましい時代になったなあ…と感慨にふけりましたねw

 

5.おわりに

 

ということで長くなりましたが、最後の最後まとめへ入ります。

 

まとめ

●グリップが握りやすい

●電池が交換しやすい

●光量が多く、目立つ

●色を自由自在に登録できる

●デフォルトカラー15色がつく

●Bluetoothで簡単に接続可能

●スモークの色味も出せる

●現在定価より1,000円引き!

メリット多数により、『キングブレード x10V シャイニング』が最もオススメ!

 

僕はオタ歴7年目ですが、ここまで安く、機能性の高いペンライトが手に入る時代になったのかと驚きを隠せませんでした。

 

紹介した素晴らしいペンライトたちの中から、あなたが求める機能や価値を持ったものを探してみて下さい!もしコダワリがないのなら「キンブレV」でよいかと。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

それでは~、ダンケ!

 

↑日向坂メンバーや曲のサイリウムカラーはコチラ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!