【日向坂46】FC(ファンクラブ)の退会方法を図解!退会のデメリットも教えます

 

初心者オタ

月額料金を節約するために、日向坂のFC(ファンクラブ)を退会したい!

 

というあなたへ。今回は『日向坂46のFC退会方法を徹底図解』します。

 

本記事を読めば、画像付きで手順通りに退会作業を進められます。かかる時間はおよそ2分ほど。

 

また、「本当に退会して良いのか?」を再度確認するため、退会のデメリットもご紹介しています。

 

日向坂ファンとして誤った選択をしないためにも、ぜひ最後までご覧ください。

 

「そもそもFC入会してないよ!」という方は、下記の記事から入会が可能です。

【図解】日向坂46 FC(ファンクラブ)の入会方法!支払い方法や特典も解説します

 

1.日向坂46 FC(ファンクラブ)を退会する際の注意点

 

 

解約方法を図解する前に、「あなたは本当にFCを退会して良いのか?」をシッカリ理解しましょう!

 

退会すると発生するメリットはたった1つで、『月額料金を払わなくて良い』というものです。

 

一般的に月末までに退会を済ませれば、月432円の出費を抑えられます。

 

年払いで登録した方は、1年経たずに解約すると損になります!

『マイページ』→『支払い方法の確認』を見て、年払いをしていないか見ましょう。

 

では、解約することによって発生するデメリットは何か?それは以下の2つです。

 

●おトクなサービスを受けられない

●再入会できない可能性が…

 

1つずつ解説していきますね。

 

①おトクなサービスを受けられない

 

当たり前のことですが、FCを抜けたらサービスは全て受けられなくなります。

 

・ライブの先行販売

・番組観覧などの優先応募

・FC限定グッズの優先販売

 

など、日向坂46と優先的にかかわれる権利を失うことになるのです。

 

ライブも番組観覧等のイベントも、わりと不定期でやってきます。

 

なので、「入って」「辞めて」「また入って…」を繰り返す面倒臭さを味わうのがデメリットです。

 

②再入会できない可能性が…

 

基本的に、日向坂46のFCは再入会可能です。最初と同じように登録すれば、また簡単に入会ができます。

 

ですが!もし不正を犯しており、『ブラックリスト入り』していると、再入会できない可能性があります。

 

・利用料の未払い

・チケット購入後の未払い

・同一人物による複数登録

・チケット転売

・イベントでの迷惑行為

 

上記のような行動を取ってしまうと、日向坂運営側からブラックリスト登録されてしまい、二度とFCに再入会できない可能性が!

 

なので、「ヤベ…迷惑行為しちゃったかも…」などとファンのある方は、退会するとデメリットを興じる可能性があることを覚えておいて下さい。

 

(ただ、そもそもファンとして悪い行為をしてしまった場合、強制的に退去させられる可能性もあります)

 

2.【図解】日向坂46 FC(ファンクラブ)の退会方法

 

では、ここから日向坂FCの退会方法を図解していきます。

 

退会は日向坂FCのマイページ等からは出来ないため、結構迷う人が多いはず。

 

間違ってうまく退会できない事態を防ぐべく、ぜひ紹介する手順通りに進めてくださいね!

 

①まずは下記のリンクから飛びます↓

https://www.hinatazaka46.com/s/official/member/delete?ima=0000

 

【メアド+パスワード】を入力

 

③下記のような画面に飛ぶので、【解除ページへ進む】を押す。

 

 

④お支払い方法が正しいか確認し、【解除へ進む】を押す。

 

 

退会が完了します。

 

⑥続いて、キチンと退会できたかを確認します。日向坂46の公式ページに入って下さい↓

https://www.hinatazaka46.com/s/official/?ima=0000

 

⑦FCページに入ります。退会はしましたが、まだパスワード等は使えるので、再度ログインしてください。

 

⑧ログイン後、【マイページ】から【入会状況・お支払い方法】を選択。

 

 

『有料サービスに登録されておりません』という記述があれば、無事に退会は行われています。お疲れ様でした。

 

 

p.s.

 

日向坂46のFC退会作業は無事に行えましたか?

 

特に複雑な過程はありませんが、もしうまくいかなかった場合、①~④どこかしらのステップで間違っている可能性があります。

 

どうしてもうまくいかん!という方は、公式に問い合わせるのが良いでしょう。

 

また日向坂46のFCは抜けても、まだまだ楽しみ方は無限大にあります。

 

●握手会

●人気曲

●日向坂関連のアプリ

 

上記のように、日向坂46の楽しみ方を増やす記事をいくつか載せておくので、ぜひ読んでみてください↓

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

それでは~、ダンケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!