【日向坂46】『ドレミソラシド』にファがない理由を世界一わかりやすく解説(図解)

 

初心者オタ

日向坂の2ndシングル『ドレミソラシド』って、なんで「ファ」が無いの??

 

という疑問をお持ちのあなた!

 

今回は、どこよりも分かりやすく『ドレミソラシドにファが無い理由』を解説していきます。

 

結論からいうと、曲名にファが無いのは「ドレミの鍵盤+横断歩道+恋の芽生えを表現したかったから」です!

 

まだよく分からないと思うので、画像も用いながら丁寧に解説していきます。

 

本記事を読めば、100%スッキリとドレミソラシドの意味がわかります。なのでぜひ最後までご覧ください。

 

1.改めて『ドレミソラシド』とは?

 

 

この記事を読むようなら解説するまでもないですが、『ドレミソラシド』とは日向坂46の2ndシングル表題曲です。

 

2期生の小坂菜緒さんがセンターを務め、明るくてキャッチーな曲調、印象的なダンスから好評を集めています。

 

しかし!最も印象に残るのはその「曲名」ですよね?ドレミソラシドって…なんでファが無いんや??と誰しも疑問に感じたはず。

 

今回は、そんな【ドレミソラシドにファがない理由】を自分なりにまとめ、わかりやすく解説していきます。

 

 

2.『ファがない理由』を図解

 

ではここから本題です。

 

「なぜファが失くなったのか?」の理由を説明していきます。

 

大きく分けて3つ理由があると考察したので、1つずつ解説していきますね。

 

①ドレミの鍵盤と横断歩道を対比したかった!

 

ファがない理由の結論から言うと、ピアノの「鍵盤」と「横断歩道」を比喩として表現したかったからです。

 

どういうことなのか?まずは下記の歌詞をご覧ください。

 

横断歩道渡ってる時 君からドレミが聴こえてきたんだ

出展:J-Lyric

 

シチュエーションとして、主人公の男の子は仲の良い女友達だった「君」が、横断歩道でドレミを口ずさんでいた瞬間に恋に落ちます。

 

*絵でいうとこんな感じ↑

 

このときのポイントは「鍵盤と横断歩道の白黒=並び方」です。

 

鍵盤は本来、下記画像のように「ミとファの間が白→白」と続きます。しかし、それでは横断歩道のように白黒交互にならないですよね?

そこで、鍵盤と横断歩道が対比されていることを示すべく、曲名から「ファ」を失くしたのです。

そうすれば見事に、鍵盤の方も白黒交互に表せるというカラクリです。

 

②「恋はいきなり訪れる」ことを表現

 

 

ただ、ここで疑問が湧くはずです。

 

初心者オタ

そもそも、鍵盤や横断歩道を表して何を伝えたいの?

 

秋元康先生は「鍵盤と横断歩道」を持ち出して、何を伝えたかったのか?

 

その答えも、実は歌詞を見ればわかります。以下をご覧ください。

 

恋はいつも突然

ドレミの“ファ”をすっ飛ばし(て)来るんだ

 

シチュエーションは、主人公の男の子にとって相手はそれまで普通の女友達だったのに、急に恋心が込み上げてきた状況です。

 

その自分の気持ちに動揺し、彼は「恋ってドレミファソラシドでいう、1つ音階(=ファ)をすっ飛ばした感じでくるな」と思います。

 

つまりファがないのは、色々段階を飛ばして訪れる「恋のいきなり感」を表現していると言えますね。

 

③好きになったのが「横断歩道を渡っていた時」だった!

 

さらに結論に迫ります。

 

思い出して欲しいのは、主人公の男の子が好きになった瞬間が「彼女が横断歩道を渡っていたとき」だったということ!

 

このシチュエーションを含めれば、自ずと曲名から「ファ」が失くなり、ドレミソラシドになった理由が見えてきます。

 

●色んな段階をすっ飛ばして、急に芽生えた恋心

●相手の女の子が口ずさんでいるドレミ

●相手の女の子が「横断歩道」を渡っていた時に好きになったこと

 

この3つの要素が重なり、主人公は「ドレミソラシド」という言葉を思い付いた…そんな解釈ができるのです!

 

 

恋が芽生えるいきなり感+ドレミの音階+横断歩道の白黒=ドレミソラシド

 

というのが結論です。

 

p.s.

 

いかがでしたか?

 

『ドレミソラシドのファがない理由』はご理解頂けましたか?

 

秋元康先生の想像力によって、「恋に落ちる瞬間と横断歩道とドレミ」がうまく混じり合い、2ndシングルの曲名が完成しました。

 

こうやって歌詞を理解すれば、日向坂46をもっと楽しめることも今回わかっていただければ、とても嬉しいです!

 

また、本ブログでは日向坂46のオススメ曲を別記事にて紹介しています。

 

今回のように日向坂をもっと楽しみたいあなた!ぜひ色んな曲の良さを知ってください↓

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

それでは~、ダンケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!