【日向坂46】『キツネ』の歌詞や感想!撮影地などの全情報もオタが徹底解説!

 

向坂46セカンドシングルのカップリング曲『キツネ』を聴いたあなた!

 

今回の記事ではそんなあなたに、『キツネ』をもっと聴きたくなるような情報を提供します。

 

●キツネのフォーメーション

●キツネの歌詞

●キツネのMVについて

●キツネのファン評価

●筆者の感想

 

以上5点について解説していきます。

 

本記事を読めば、『キツネ』という曲が日向坂46にとってどんな存在なのかがわかります。

 

ライブや普段聴くのをもっと楽しくするべく、ぜひお読みください。

 

1.日向坂46『キツネ』の概要

 

まずは『キツネ』に関する大枠の情報を共有していきます!

 

・「キツネ」の曲情報

・フォーメーションとセンター

・MVと撮影地について

 

以上3点をまずは抑えましょう。特にMVについては評価が高いので、おひさま必見の内容です!

 

①「キツネ」の曲情報

 

 

『キツネ』は、2019年7/17にリリースされた日向坂46 2ndシングル『ドレミソラシド』のカップリング曲です。

 

シングル全てのタイプに収録されており、作詞は秋元康、作曲は原田雄一が務めています。

 

その余りにもキャッチーでクセのある曲調と歌詞から、テレビ東京系列の音楽番組「JAPAN COUNT DOWN」でもトピックスとして取り上げられました。

 

 

②フォーメーションとセンター

 

センターは表題曲の『ドレミソラシド』と同じく「小坂菜緒」が担当しています。

 

また、フォーメーションに関しても表題曲と全く同じです。

 

 

③MVと撮影地

 

 

MVは千葉県にある「ロングウッドステーション」にて撮影されました。

 

名目上はショッピングモールなのですが、数多くのMV撮影に使われていて、実質ロケや撮影のためにあるような場所だとか。

 

E-girls『ごめんなさいのKissing You』、フジテレビ系列のテレビ番組「戦闘中」などでも利用されています。

 

そしてそんなキツネのMV監督を担当したのは、若手監督の「荒井玖磨(あらいくま)」さん。振り付けは木下菜津子さんが担当しました。

 

 

双方ともアーティストのMV撮影、ハロプロ等アイドルの振り付けには深く馴染みのある方々です。

 

④MVの評判や感想は?

 

『キツネ』のMVを見て、ファンからの評判は以下の通りです。Twitterから抜粋します。

 

 

 

「盛り上がる!」などの良い評価を下す方が多いようで、個人的にも「派手で可愛いTHE・アイドルのMV」だという感想を持ちました。

 

曲の1番は昼間、2番は夜に撮影しており、いずれにせよパステルカラーで目がチカチカする背景です。

 

ピンクと水色の衣装、色とりどりの紙吹雪、明るい花やスーパーボールの数々……

 

日向坂46のメンバーの笑顔もキラキラしていますが、それ以上に色味がキラッキラしているMVです!

 

そして全体的にですが、坂道シリーズというよりは、ハロプロやAKBっぽい印象を受けました。

 

日向坂46の中でもかなりキャッチーな歌詞ですからね。必然的にMVもゴリゴリのアイドル寄りになったのでしょう。

 

また「センターの小坂菜緒が可愛すぎてデキ上がっている!」という好評価が出るほど、こさかなの笑顔が素敵です。

 

ぜひそれらに注目して見てください!

 

2.『キツネ』の総評

 

続いては「キツネ」という曲に対する総合的な評価です。MVではなく、あくまで曲自体に対する評価ですね。

 

●キツネの歌詞と評価

●キツネの筆者的感想

 

以上2点から見ていきます。先ほども述べたように歌詞もかなりキャッチーに仕上がっているので、注目です!

 

①「キツネ」の歌詞と評価

 

HEY! HO! HEY! WHO ARE YOU?
キツネ キツネ キツネ キツネ

ホントの私は見せられない
カッコつけちゃって ごめんなさい
見つめられないくらい好きなのに
興味ないフリをしてる

恋なんか星の数ほどしたし
お腹いっぱい(ガツガツできないし)
涼しい顔で他人事のように
あなたと話しましょう
さあ愛とか微塵も感じさせないで

キツネ キツネ キツネ キツネ(HEY!)
女の子は化けてるんだ(いつだって)
純なハートバレたら
簡単に盗まれちゃうよ
男を騙してナンボだ
お望み通りに化けるよ
キツネ キツネ キツネにつままれて
気づけばいい感じに…

キツネ キツネ キツネ キツネ

どこかで誰かが嘘ついてる
そんなに目くじら立てないで
傷つかない程度に誰だって
帳尻 合わせてるの

結婚は遠い先のことでも
現実見なきゃね(遠回り嫌だし)
こんなところで心を許しちゃ
後々(あとあと)辛いでしょう
夢なら夢だと気づかせないで

キツネ キツネ キツネ キツネ(HEY!)
タヌキだってどこかにいる(バレバレよ)
どうせどうせこの世は
みんな竹藪の中
キラキラと 光る真実は
どこかに隠してあるんだ
キツネ キツネ キツネの嫁入りは
心の天気雨

みんなでコンコンコン
鳴き声聴こえるか?
好きも好きじゃないも
ホントかわからない
キツネがいっぱい(コン×5)

キツネ キツネ キツネ キツネ(HEY!)
女の子は化けてるんだ(いつだって)
純なハートバレたら
簡単に盗まれちゃうよ
男を騙してナンボだ
お望み通りに化けるよ
キツネ キツネ キツネにつままれて
気づけばいい感じに…

HEY! HO! HEY!

 

出展:http://j-lyric.net/artist/a05fbae/l04cb21.html

 

「キツネ」の歌詞は、魔性の女視点で恋愛や男女の話をするという展開です。

 

歌詞の意味は、ザックリ「女の子は狐のように化けてるから、本当の姿は見せない。皆ある程度嘘つきながら、騙し合いながら付き合ってるんだぜ」という感じです。

 

注目すべき点は、どちらかというと「HEY!」などの“オタクがノリやすい”歌詞が含まれているところですね。

 

ライブで盛り上がるのに、HEY!などはコールでとても言いやすいセリフです。秋元康先生も、ライブを見越してこういった楽しい歌詞を含めたのだと考えられます。

 

個人的には最後のサビ前「コン×5」が可愛くて面白くて良いなぁと感じました。指をキツネにした振り付けも可愛いですし、ヘビロテ必至の良曲です!

 

②曲を聴いてみての筆者的感想

 

デビュー後の2ndシングルのカップリングであり、全メンバー参加ということで、ある程度注目された『キツネ』

 

個人的にはデビューシングルに続き、「王道アイドルで攻めたな」という印象を受けています。

 

というのも、けやき坂46時代から曲調や雰囲気は割と「落ち着いた」ものが多い印象を受けていたからです。詳しくは下記の記事をご覧ください↓

 

 

しかし、デビューシングルの『キュン』以降、2nd表題曲の『ドレミソラシド』もアイドルらしい明るい歌詞&曲調となっています。

 

どちらかというとAKBグループに近いくらいの明るさは、おそらく日向坂46のコンセプト「ハッピーオーラ」に沿った結果なのでしょう。

 

そして『キツネ』は、更に派手でブリブリした王道アイドルソングになりました。これは今後の日向坂46が「THE・アイドル」として活躍していく指標になると思います。

 

“坂道シリーズらしい清楚さが欲しい!” という意見もありますが、同シングル収録の『やさしさが邪魔をする』などは落ち着いた曲調です。なのでシングル内でバランスを取れていると僕は思います。

 

とにかく、今後日向坂46がどういう方向性を取るかが、『キツネ』によりわかったような気がしますね。

 

p.s

 

最後に、『キツネ』を含め、日向坂46の曲を全曲格安で聴く方法をお伝えしておきます(別に胡散臭い方法をお伝えするワケではないのでご安心を)

 

アイドルの新曲って、YouTubeにアップされるのも限界がありますし、ツタヤで毎回レンタルするのも高いですもんね…

 

そのため、「聴き放題サービス」を使うのが一番安くて簡単です。中でもオススメは『Amazon プライムミュージック』で僕も利用しています。

 

なぜAmazon プライムミュージックが格安かを、5秒で解説します。

 

ツタヤ→1泊2日で330円

Amazon→日向坂46を含む100万曲を永遠に聴けて、月額400円

 

はい、もうおトクなのはどちらか一目瞭然ですね。

 

これが学生版の「Amazon プライム スチューデント」なら月額200円にもなります。もはやツタヤより安いです。

 

しかも、Amazonはダウンロードしてオフラインで聴けますからね。もう言うことなしにお得です。

 

しかもしかも!Amazonプライムは送料無料、映画見放題、本およそ1,000冊読み放題なんかも付きます。比べるのが馬鹿らしいほどおトクなサービスです。

 

ゆえに、日向坂46の音楽を聴くならAmazonプライム会員になれば?と僕は思うわけです。学生なら月額200円なので尚更です。

 

詳しくはココで書くと長くなり過ぎちゃうので、下記記事にまとめました。興味ある方はぜひ↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!