【介護】『sketter(スケッター)』筆者の体験談を紹介!隙間時間に草むしりで5,000円稼げる!

 

ーも、コバです!

 

突然ですがあなたに質問。

 

「sketter(スケッター)」をご存知ですか?

 

……おそらく知らないという方がほとんどでしょう。今回はそんなあなたに、新たな働き方を提示できると思います。

 

「sketter」とは、2019年に開始したばかりの「介護のスキルシェアサービス」です。UberEatsの介護版と捉えてもらえればわかりやすいかも!

 

金欠くん

…介護職?介護職の人をシェアするって、一体どういうサービスなの??

 

おそらく疑問だらけのあなたに、今回は私のsketter体験談を元にしつつ、sketterとは何かを解説していきたいと思います!

 

sketterが分かれば、「新たな副業の手段」が手に入り、あなたの経済状況が良くなるんです!なので注目すべきサービスなんですよ。

 

●sketterとは?

●筆者のsketter体験談

●sketterの良い点, 悪い点

 

の流れで解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

 

~2019/7/31 追記~

 

『Sketter公式ツイッター』にて紹介されました!代表の鈴木さんとは一度お話させていただき、素晴らしいサービスだと再認識しています。

 

 

1.sketterとは?

 

出展:https://www.sketter.jp/

 

『sketter』とは、介護施設に出向き、仕事の手伝いをするスキルシェアサービスです。2019年から本格的にサービスを開始しています。

 

まずはsketterの主な目的や仕事内容を、見やすいように箇条書きでまとめます。

 

・誰しもができるスキルを用いて、スキマ時間にお小遣い稼ぎができる。

 

・具体的な仕事内容の例は、「レクリエーション」「調理」「草むしり」「麻雀の相手」など多種多様。

 

・閉鎖的な介護施設に新たな人手が入ることで、利用者様も新鮮な気持ちになりつつ、介護関係者が増やせる

 

働く人、施設のスタッフ・高齢者と全ての人がWinになるサービスなのです。日本でも唯一の介護シェアサービスとなっています。

 

・スキマ時間にお小遣い稼ぎをしたい

・高齢者が好き!

・介護福祉に興味があるが、雇用はハードルが高いと感じている

 

などなど、多くの方のニーズを満たせるsketterを、もっとたくさんの方が知るべきだと心底感じます。

 

なので次章では、筆者が利用してみての「体験談」を詳しく紹介します。利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

緩くまとめ

●介護施設の手伝いをして、お金がもらえる

●送迎、調理、麻雀の相手など、仕事内容は多種多様

●日本の社会問題「高齢化」の手助けをしながら、どんな人でも仕事ができる!

 

2.筆者のsketter仕事体験談

 

sketterサービスの基礎について理解して頂いたところで、さっそく筆者が行なった「草むしり」の仕事体験談を紹介します。

 

・どんな流れで仕事を行なうのか?

・報酬はいくらなのか?

・初心者でも問題ないのか?

 

などの気になる点が解決できるよう、ぜひ最後までご覧ください!

 

*写真は施設の方に許可を取って撮影しています。

 

①sketterにログインし、仕事探し

 

 

まずはスケッター内で仕事探しをします。僕は比較的金額の大きい、『草むしりをして5,000円』という仕事を選びました。

 

まだsketter未登録の方は、画面右上にある「新規登録」から必要事項を記入して、登録を済ませる必要があります。

→Sketterに新規登録する

 

②日程を選択し、メッセージやり取り

 

 

次は都合のいい日時を選択します。選択したら施設からメッセージが返ってくるので、内容を確認しましょう。

 

僕の場合は、『お昼頃にいらして下さい。住所は○○です』というザックリとしたメッセージが来ました。

 

そのメッセージを元に、交通手段や時間、持ち物を準備します。今回は草むしりだったので、とりあえず飲み物・軍手・動きやすい長袖&チノパンを用意しました。

 

一応仕事の前日になったら、「明日着く時間と、変更点はないかの確認メッセージ」を送ると親切です。

また時間指定がされなかった場合、施設で忙しいとされるお昼時は避け、10:00~11:00くらいか、13時以降に着くよう調整すると更に良いかと思います。

 

③お仕事本番

 

当日になったら、いよいよ施設へ向かいます。sketterに載っている施設の住所を頼りに、Googleマップなどで向かいましょう。

 

そして施設に着いたら、施設長が丁寧に対応してくれました。

 

・やって欲しい仕事内容

・何時から何時まで仕事できるか

 

を確認したら、早速仕事開始です。

 

 

上記のように、かなり生えてしまった雑草を綺麗にすることがミッションです。

 

鎌などの用具はお借りして、黙々と刈り取る作業を行いました。音楽を聴きながら作業させて頂けたくらい、リラックスした空間でしたね。

 

また、福祉の仕事特有なのか皆さんとても優しくて、話しかけてくださったり、ジュースを2本くださったりと、随時気を遣っていただきました。

 

④仕事終了

 

結局、12:00から開始し、16:00までの4時間作業を行いました。30分に1回は休憩を取っていたので、実質3時間半くらいの仕事時間です。

 

ちなみに雑草ですが、このくらい綺麗にしました。

 

 

虫が出たり、根深い雑草があったりと、正直大変な作業でしたが、それでも3時間半で5,000円の報酬です。

 

優しく接してくださったり、休憩も随時とれたことを考えると、時給およそ1,400円は良い仕事だったなと感じます。

 

その後は軽く施設のお婆ちゃんたちと会話をし、帰宅しました。以上!

 

3, sketterの良い点, 悪い点

 

金欠くん

体験談は読んだけど、結局sketterのなにが良くて、悪い点はどこなの?安心して使うためにも、赤裸々に教えてほしい!

 

ということで次は「体験してわかったsketterのメリット・デメリット」を紹介します。

 

sketterはまだ開始したばかりであり、基本的には発展途中のサービスです。しかし、にも関わらず良い点が多数あると実感しました。

 

良いも悪いも総合的に理解し、あなたに合うかどうか検討することが大事です。あなたが安心してsketterを使うためにも、徹底レビューしていきます!

 

【良い点】

・1時間~のスキマ時間で働ける

・難しいスキルはマジで要らない

・利用者もスタッフも優しい人が多い

【悪い点】

・メッセージのやり取りが大まか

・仕事内容が少し不透明

 

上記の5つの順番で解説していきます。

 

sketterの良い点

 

 

①1時間~のスキマ時間で働ける

 

sketter最大のメリットは、あなたのスキマ時間に副業ができるという点です。

 

仕事内容によっては「1時間で1,000円」といったサービスも募集しています。

 

特に車の送迎などは短時間で済む場合が多く、家事や仕事の合間に稼ぎたい!という方には嬉しい条件だと思います。

 

僕自身、草むしりのサービスは休憩込みで3時間半ほどでした。半日も掛からず5千円を稼ぎ、かつ施設のためになるというのはとても嬉しかったですね!

 

②難しいスキルはマジで要らない

 

何度も解説しているように、専門的なスキルはほとんど必要ありません。基本的には誰でもできる仕事のみを募集しています。

 

そのため、「私本当に能力が低くて、前の職場でも怒られてばっかりだった」という人でも安心して取り組めるのが利点です。

 

草むしりならむしれればOK、麻雀の相手ならルールがわかる程度でOKですよ!

 

③利用者もスタッフも優しい人が多い

 

未知の場所で働くので、「こき使われないかな?」「怖い人いないかな?」と心配する方も多いでしょう。

 

しかし、sketterは「介護の」スキルシェアサービスです。…つまり“福祉のお仕事”をする方の元で働かせてもらいます。

 

総じて福祉のお仕事をする方は「やさしい」です。奉仕の心で始まった仕事ゆえ、やさしい人がたくさん集まっています。

 

なので、こき使われるどころか、まるでゲストのように丁重に扱って頂けますよ!思いやりに溢れていて「来てよかった」と感じられます。

 

僕も「また来てね~」とスタッフさん&高齢者様から言われて、心が洗われました。

 

悪い点

 

 

④メッセージのやり取りが大まか

 

これはあくまで僕の体験談からレビューしています。お相手の施設とのメッセージがかなりザックリでした。

 

日時、場所、持ち物、やる仕事内容など、人によっては「もっと詳しく指示してくれないとわからない!」と不安に感じてしまうこともあるでしょう。

 

ただこれに関して言うと、施設側もsketter利用が始まったばかりです。なのでどう指示すれば働く側が安心するのかわからないのは当然です。

 

*それに施設は忙しいので、慌ただしくメッセージを送る事もあるかと思います。

 

そのため、先にこちらから「日時、場所、持ち物、仕事内容を詳しく教えてください!」と伝えましょう。そうすれば確実です!

 

⑤仕事内容が少し不透明

 

sketterは誰でもできる簡単な仕事が多いと述べました。しかし、同時に初心者さんは戸惑う場合も多いです。

 

例えばsketterでは、「レクリエーションを2時間お願いします」などと募集がされています。

 

しかし、これレクリエーションをした事がないと「何をすれば良いの?」と疑問に感じてしまうザックリさですよね。

 

だってレクリエーションと一口に言っても…

 

・高齢者は1人か、複数人か?

・認知症の度合いはどの程度か?

・身体を動かす系か、製作系か?

・道具は施設にあるのか?

・自分1人でやるのか、スタッフさんも手伝ってくれるのか?

 

などなど色んな要素によって、やるべきことが変わってきます。

 

それを事前に考えておかないと、1人用に準備したのに実は20人いた!など本番でアタフタしてしまうかと。

 

なのでコツとしては……

 

・高齢者は1人か、複数人か?

・認知症の度合いはどの程度か?

・身体を動かす系か、製作系か?

・施設に道具などはあるのか?

・自分1人でやるのか、スタッフさんも手伝ってくれるのか?

 

事前にこの5つを施設に聞いてしまいましょう。そうすれば、どんなレクができるか簡単に絞ることができます。

 

施設は忙しい中で、「レクを企画し、準備し、実行する」というプロセスを毎日行っています。それを代わってくれるだけでも大助かり。

 

だから気負いすぎず、先ほどの質問を元に準備していけば多少失敗しても絶対に大丈夫です。(僕も施設でバイトしてたので、代わってくれたらどんなに助かるかわかる)

 

sketterは「楽しもう、楽しませよう」と思えていればすべて何とかなります。笑顔を忘れず、スキルシェアしてみて下さい。

 

4, おわりに

 

いかがでしたか?新たな副業の可能性を感じていただけたのなら嬉しいです。

 

最後に本記事の内容を軽くまとめます。

 

まとめ

●sketterとは介護のスキルシェア

●スキマ時間に初心者もできる!

●お小遣い稼ぎ&社会貢献が可能

●施設の人は福祉事業ゆえ優しい

●笑顔と楽しむ気持ちがあれば99%大丈夫!

 

空いた1時間1,000円×土日で働けば、年に換算するとおよそ10万円にもなります。海外旅行に行けるほどの小遣いです。

 

初心者でも安心して出来る仕事でスキマ時間を有効活用し、あなたの人生を充実させましょう!

→sketterに無料登録するにはコチラ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

それでは~、ダンケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!