大学4年生の僕が語る「大学生活で後悔していること6選」

 

突然ですが、

大学生のあなたに質問です!

 

 

昨日あなたは何をしましたか?

 

 

楽な授業を受けた?スマホゲーム?

飲み会?YouTube見た?サークル…?

 

…もし上記の行動を取っていたあなたは、

このままだと負け組になります。

 

今回はその理由を、

 

ヒッチハイク、カンボジア支援、20人のOB訪問、

ドラマ制作、ブログで発信などなど……

 

現在大学4年生になるまで、

様々な活動をしてきた私が解説します。

 

そして「負け組にならない理由」と共に、

大学生活で後悔しないために、

やるべきこと6選を徹底解説!

 

目次の通り紹介していきますね。

 

1.あなたは大学生活を無駄にしている

 

大学生

どんな大学生活を送ると、

負け組になっちゃうの…??

 

そんな疑問にお応えするべく、

まずは、サークル・飲み会・Youtube

楽な授業を受けるといった行動で、

「あなたが負け組になり得る理由」

をわかりやすく説明していきます!

 

さて結論から述べますと、

あなたが負け組になり得る理由は、

あなたのやっていることが月並みだからです!

 

さて一般的な大学生の最終関門は、

「就職活動」ですよね。

 

文系・理系関係なく基本的に、

将来食べていくため就活はします。

 

そして楽な授業を受ける、サークルなど、

月並みな大学生活はその就活に影響します。

 

大学生にとって一般的な活動は、

面接で「どこにでもいる奴」と思われ、

失敗する可能性が大幅に上がるのです。

 

これは私が3年生のときお世話になった、

就活コンサルタントが教えてくれました。

 

面接は秀でた個性が大事で、

目立たない人は見られさえしません。

そして、内定をもらえず絶望するのです。

 

「でもみんな普通じゃん!

サークルとか大学生ならやるし、

月並みな行動してる人のほうが多いよ」

 

そんな意見を持ったあなた。

おっしゃる通りで、

多くの大学生は似通った活動をしています。

 

でも大企業や優良企業に行ける人は、

上位1%くらいのエリートなんです。

 

そしてそのエリートに共通するのが、

「目立つ個性」だと私は思います。

似通った行動では目立てないのは言わずもがな。

 

(優良企業=年収800万以上。

残業や嫌な人間関係など一切ない、

上場企業だと仮定しています)

 

優良企業に入る大学生は、

学生時代に有意義な活動をし、

秀でた個性と能力を身に付けています。

 

もしあなたが年収1,000万など、

上位の大人になりたいのならば、

大学生活が最後のチャンスです!

 

今変われなければ、

社会人になり忙殺される中で変わらねばなりません。

 

ですが実際、それは凄く難しいです。

ですから時間のある大学生のうちに変わりましょう。

 

あなたが優良企業に入るなど、

一歩先に行く大学生になるために、

「もっとやればよかったと後悔した、

大学生がすべき行動6選」を解説していきます!

 

2. 有意義な大学生活を!後悔していること6選

大学4年生の私が後悔している、

「大学生がやるべきこと6選」

を解説していきます。

 

『なぜその行動をとるべきなのか?』

『やればどんなメリットがあるのか?』

 

という視点から理解を深め、

あなたの将来の為に生かしてください。

 

①読書をもっとすれば良かった

 

この場合の読書とは、

小説でもビジネス書でも自己啓発本でも、

どんな本でも構いません。

 

私が読書すべきと考える理由は、

「論理的思考力」と「知識」が、

同時に身につくからです。

 

基本的に本というのは、

読者に伝えるためかなり作り込まれており、

「論理的な文章」で構成されています。

 

話し言葉のように書くのではなく、

AからBになり、Cという要因でDになり…

といった感じで、論理的に構成しているのです。

 

私たちが本をサラサラ読めるのは、

筆者の論理的思考力があるからこそです。

 

論理が破綻している文章は、

何を伝えたいか、どんな場面なのかわからず、

非常にバラバラな印象を受けます。

 

社会人になっても絶対に仕事で使う

「論理的思考力」を、

読書することで学んでみましょう。

 

ちなみに効率よく学ぶには

普段から構成を意識して読むことがコツです。

 

そして本を読めば論理的思考力UPと共に、

本から「知識」を吸収することもできるため、

まさに一石二鳥な行動なんですね。

 

「読書して論理的になれば良かった…」

と心から後悔している私が、

ぜひ大学生のうちに読んで欲しい本をご紹介します。

 

論理的思考力が身につくものばかりです!

 

 

論理的思考力を学ぶことは、

=問題解決力を養うことである!

と私は考えています。

 

問題解決能力は、

就活や社会人になって以降、

生きていくうえで必須能力です!

 

その理由は、

「仕事とは問題解決のことだから」

 

営業で100人に売りたい…

書類を10分で作らねばならない…

嫌いな上司を説得したい…

 

これらを乗り越えて、

結果を出していくのが仕事であり、

乗り越えるには「論理的に問題を解決」

していかなければならないのです。

 

この本では簡単な例を挙げながら、

小学生にでもわかるようシンプルに、

問題解決のコツを教えてくれます。

 

私も5周以上読んでいる本で、

一生使える能力が身に付くので、

非常におすすめです。

 

 

続いては小説です。

作家の「貴志祐介」さんは、

小説界でも最も論理的な文を書くと、

私は思っています!

 

「クリムゾンの迷宮」は、

突然サバイバルを強いられた男性が、

論理的に状況を打開していく話で、

読む手が止まらない面白さがあります!

 

ぜひ一度読んでみてください!

 

②プログラミングを勉強すれば良かった

 

プログラミングは、

今や小学校の必須科目になるほど、

国からも重要視されています。

 

プログラミングが重要な理由は、

「世の中を作っているから」です。

どういうことなのでしょうか?

 

あなたが普段から使っているもの…

スマホ、アプリ、YouTube、ネットなど、

あらゆるものはプログラミングで動いています。

 

いま話題のAI、自動運転車なども、

例外なくプログラミングの産物です。

 

そしてそれらは、これからの世界を創る上で必要不可欠な技術です。毎日たくさんのIT製品が作られているのがその証拠。

 

ですが残念なことに、

プログラミングができる人はかなり少ないのが現状です。

 

(2030年にはおよそ30万人もの

IT人材が不足すると予想されている)

 

実際あなたの周りで、

プログラミングができる人は何人いますか?

かなり少ないと思います。

 

ただ逆に出来る人が少ないということは、

あなたができるようになれば、

一生求められ続けるということです。

 

そしてあなたの持つプログラミングの知識が欲しいからと、会社は良い職場、高い給料を支払ってくれます。

 

実際「クラウドワークス」など、プログラミングを用いた仕事募集サイトでは、1つ5万や10万の案件がゴロゴロあります。高額を稼げるのです。

 

つまりプログラミングは、

「あなたの将来を保証する学問」といえます。

 

「お金持ちになりたい?

じゃあプログラミングを勉強しなきゃ!」

とさえ言える時代が今きているのです。

 

だから時間がある大学生のうちに、

ぜひプログラミングを学んでみて下さい!

他のことを学ぶより役に立ちます。

 

また初心者で学びたいと思った方は、

無料で学べるサービスを受けてみましょう。

無料でリスクが無いものがオススメです。

 

(近年学生のIT系企業就職を条件に、

無料で学ばせてくれるサービスは多い。

無料体験なんかも充実している)

 

ということで今回は個人的におすすめの

「Tech Academy」

を推薦させていただきます!

 

何がいいって無料体験が出来ます。

あなたがプログラミングを学ぶとして、

わからないことをググるのは非効率的!

 

あなたの初心者レベルを計り、

的確なアドバイスをしてくれるプロに聞いたほうが圧倒的に早いです。

 

まずは無料体験に行ってみて、

自分が何をすべきか明確にしましょう!

やって合わないなら辞めるもよし!

→Tech Academy 無料体験はこちらから

 

③長期インターンをすれば良かった

 

長期インターンはかなりオススメです。

 

その理由は主に2つで、

「ビジネスとは何かわかる」

「周囲の人間のレベルが上がる」から。

1つずつ解説していきます。

 

「ビジネスとは何かわかる」とは、

仕事とはどういう流れで行われていて、

利益を得るにはどうすればいいか学べるということです。

 

実は長期インターンがやる仕事は、

基本的に社員さんと何ら変わりません。

やればやるほど地位を上げることも出来ます。

 

そうして長いこと仕事をすると、

「お金を稼ぐ仕組み」がわかってきます。

 

ビジネスとは物凄く簡単に言うと、

「安く仕入れた・作ったものを、

最初の値段より高く売る。

そして得た差額を利益とする」ものです。

 

10円で仕入れたコーラを、

120円で売れば110円の利益が出ますね。

平たく言えばこれがビジネスというわけ。

 

ただビジネスは複雑な体系です。

人間関係や時代の変化など、

色んな要因が絡み合い、ビジネスを築いています。

 

その本質に実感として気付くには、

長いこと実務経験をするしかありません。

 

普通のアルバイトと違い実践的で、

かつ長く働ける環境って何か……?

長期インターンしか無いでしょう。

 

これを大学生のうちに出来たなら、

就活で周りに圧倒的な差が付けられますし、

働きだしてからも活躍できます。

 

つまり長期インターンは、

ビジネスを知るうえで最高の手段なのです。

 

また「周囲の人間のレベルが上がる」とは、

ビジネスを知る人達が同僚になるので、

そこから吸収できるということです。

 

一般的に、

「あなたの近しい5人があなたを表す」

と言われています。

 

この主張から考えると、あなたの周りがベンチャー企業で働くような「デキる大人」になれば、あなたもデキる大学生になれます。

 

人は環境に馴染みます。

ですから良い環境に身を投じ、

優秀な人間になるべく多く囲まれましょう。

 

もしインターンをしてみたい方は、

スマートソンへの無料登録をおすすめします。

 

これは企業がインターンに来てほしい学生に逆オファーをするサービスです。

 

つまり、最初にプロフィールを入れて、

ぼーっと待っているだけで、

企業からインターンの誘いが来るのです。

 

自ら探すのももちろん良いですが、

どうせなら企業がほしいと判断した、

あなたに合う職場でインターンしたいですよね。

 

スマートソンでは無料会員登録が可能!

登録だけサッと済ませてしまい、

インターン先を探してみては?

 

④貧乏旅行をたくさんすれば良かった

 

ここまでマジメな話ばかりでしたが、

おバカな経験も絶対に必要です!

 

なぜなら、

おバカな経験はあなたに自信を与え、

「何とかなる精神」を与えるからです。

 

その自信は社会人になってから悩んだ時、

絶対に生きてくるものです。

 

どこに営業に行くか、どこに家を建てるか、

どの人と結婚するか、転職をするか……

 

そんな数々の人生の選択は、他の誰でもない

あなたが決め、前に進まなくてはなりません。

 

この時に悩みすぎてしまうと、

チャンスを失ったり、

精神的に病んでうつ病になったりします。

 

それを避けるために、

バカな経験から「これでもかという失敗」

をすることが大事なのです。

 

「あの失敗を乗り越えたんだから、何とかなる」という精神が、未来のあなたを救うのです。

 

そしておバカな経験とは貧乏旅行です。

金のない状況で極力節約をしながら、

行ったこともない場所に飛び込みます。

 

行き先をイチから調べ、荘厳な景色を見たり、

違う人種の人に囲まれる経験は、

多くの学びがあり、あなたを強くします。

 

実際僕も「日本のスラム街」

と呼ばれるあいりん地区に泊まったりしました。

 

世の中色んな人がいるのだと、

非常に勉強になりましたね!

 

そして旅行に行く前にしてほしいのが、

沢木耕太郎さんの『深夜特急』を読むこと!

バックパッカーのバイブルと呼ばれる小説です。

 

 

旅行とは何か鮮明にわかる小説になっており、

モチベーションになること間違いなし!

 

⑤映画をもっと見れば良かった

 

映画は本来娯楽目的として見られます。

 

ですが私が見てほしい映画は、

アベンジャーズとかそういう類では無いです。

 

おすすめのジャンルとしては、

「ヒューマンドラマ」「戦争」「実話を元」

などですね。

 

なぜこれらをもっと見るべきかというと、

「人生の選択肢が広がるから」です。

決して娯楽のためだけではありません。

 

私たちは普段狭い世界で生きており、

ある程度自らの限界を決めています。

 

そして限界を決め始める年代が、

大学生ごろだと私は思うのです。

 

社会人とは何か、仕事とは何か、

そして自分はどんな働き方をするか…

段々とイメージが出来るようになります。

 

そして働くとは「生きる」ことですから、

仕事がイメージできると、大まかな人生もイメージできてしまうです。

 

すると、夢や希望・やりたいことも、

自らの範囲内で妥協するようになります。

なにもかもスケールが縮まるんですね。

 

ですがコレはもったいないことです!

だってまだ20代前半で、

可能性なんていくらでもあるんですから。

 

でもあなたの思考のスケールが縮まれば、

当然行動するスケールも縮まるため、

人生の選択肢も狭まってしまいます。

 

そんな悪循環を防ぐためにも、

思考のスケールを大きくしましょう!

 

そして思考のスケールを広げる、

簡単な方法が「映画」なんです。

 

スラム街出身から数億円を手に入れた…

Googleアースで離れていた父親を探した…

127時間崖の下に取り残された…

 

世の中スケールの大きいエピソードはごろごろ転がっており、それらは多数映画化しています。

 

フィクション、ノンフィクションは問いません。スケールの大きい映画を見て、挑戦心などが生まれれば万々歳だと思っています!

 

最後あなたの脳内スケールを広げる、

おすすめ映画をいくつか載せておきますね。

 

 

スラム街出身の主人公が、

クイズミリオネアに出演し、

一攫千金を狙う話です。

 

スラム街の描写がリアルで、

「こんな世界があるのか」

と学びの多い作品になっています。

 

物語自体も面白くて、

多くの映画賞を受賞しています。

 

 

Google earthを使い、

25年も会っていない父親を探す話。

 

嘘みたいな物語ですが、

なんとこの映画実話が元です!

衝撃の実話をぜひ見てみて下さい。

 

 

127時間崖の下で岩に挟まる、

絶望的状況を描いた映画です。

これもなんと実話です!

 

「生きていることは当たり前じゃない」

という事に気付かせてくれる物語です。

衝撃のラストシーンは閲覧禁止!??

 

 

⑥「当たり前の幸せ」に気付けば良かった

 

最後は、私にとって1番の後悔を解説。

 

大学生活で出会った人

行った活動や周りの環境

所持した物や金銭など…

 

「すべてに感謝して生きれば良かった」

と大学生活の中で強く後悔しています。

 

というのも私は向上心が強い性格の為、

いつも物足りなさを感じ、焦って生きていました。

 

向上心が高いこと、

それ自体は良いことかもしれません。

 

しかし、向上心が高すぎたゆえに、

「常に楽しいと思えない」状況に陥ったのです。

 

「もっと成長出来ることがあるのでは?」

「この時間無駄じゃないかな?」

 

そんな冷めた目で過ごしていた結果、

ストレスが多く溜まってしまったのです。

 

結果、うつ病検査で危険信号が出るほどになりました(検査15点中12点とか)

 

そこでさすがにヤバイと感じ、

上を見過ぎることを自粛しました。

 

その結果、今は幸せを実感出来ており、

心に余裕もあります。

 

もっと早くから目の前の幸せを見て、

自分自身全力で楽しめていたら、

充実した大学生活になっていたかもと後悔しています。

 

もし「わかる」と共感する部分がある方は、

もう少し目の前の幸せに目を向け、

充実していることを実感する必要があるかもしれません。

 

親、友人、恋人、お金、環境、将来など…

あなたは絶対に恵まれています。

(カンボジアに行って私は実感しました)

 

もっと大変な人も沢山いる世の中です。

もし自分の幸せを実感したいのなら、

下記の映画を見てください。

 

 

敗戦間近の日本で、

飢えなどと向き合った人を描いた、

リアルすぎる戦争映画です。

 

「この苦しい時代があるから今がある」

そう心から思える内容です。

大学生のうちに一度は見るべきですね。

 

3.おわりに

 

いかがでしたか?

最後に軽くまとめてみます。

 

まとめ

●読書で論理的思考力を養うべき

●プログラミングはニーズあり!稼げる

●長期インターンで環境を変えろ

●貧乏旅行で価値観を変えられる

●時間のあるうちに映画を見よう

●今のあなたは幸せ。それに気付こう

 

大学生はとにかく時間があります。

それゆえに大学生活は自由で、

何をするのもあなた次第!

 

ですから無駄な時間を過ごしても、

就活で言い訳はできないです。

優秀な大学生は今日も有意義な活動をしています。

 

あなたも他者より抜きん出るには、

今回紹介した6つの行動の、

どれかを「今」実践してみて下さい!

 

明日からがんばるんじゃない…今日…今日だけがんばるんだっ…!

今日がんばった者…今日をがんばり始めた者にのみ…

明日が来るんだよ…!


出展:賭博破戒録カイジ 1巻

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

 

それでは~、ダンケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!