大学生は挑戦が大事!その理由と「挑戦すべきこと5選」を紹介

 

ーも、コバです!

 

今回は、「大学生が挑戦をするべき理由と、筆者の挑戦に関する実体験」を紹介します。

 

・大学生活がつまらない

・なんだか虚しい

・このまま大学生終わっていいのか…

 

現状に満足していない大学生のあなたに向けて、「そのままではもったいないぞ!」ということをお伝えできればと思っています。

 

大学生

偉そうに言いやがって。

もったいないのはわかってる!

でもどうしたら良いのかわからないから困ってるんだよ!

 

そんな声が聞こえてきそうですが、ご安心ください。私は過去誰よりも怠惰でビビり、悶々とした日々を送ってきた大学生でした。

 

そんな僕がカンボジア支援、ブログ執筆など、たくさんのことに挑戦できるようになった理由を本記事では紹介していきます。

 

●挑戦しない大学生について

●「挑戦すること」のメリットとは?

●挑戦する人になる唯一の方法(実体験)

●あなたにやってほしいこと3選

 

上記の順番で進めていきます。

 

「このまま大学生活を終わらせたくない!もっと成長したい!」そんな想いを少しでも持つ方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

1, 挑戦しない大学生について

 

そもそも、「挑戦」とはどういう意味なのでしょうか?

 

①戦いや試合をいどむこと

②困難な物事や新しい記録などに立ち向かうこと。

出展:goo国語辞書

 

つまり「現状より上の、新しい物事に挑む」のを挑戦というわけです。

 

そして、現代の若者は「挑戦心がない」とよく言われています。今回は「社会や就労への価値観」の調査から、本当に挑戦心が薄いのかを明らかにしていきます。

 

参照:ベネッセ教育総合研究所『第3回 大学生の生活・実態調査 2016』

*ベネッセ教育総合研究所が2016年に行った、全国の大学生1~4年生、4,948名に対するアンケート結果。

 

このアンケートで、「大学生が将来や社会に対し安定志向なのか、挑戦心があるのか」がわかります。

 

・家族など身近な人の幸せを感じたい

・人並みでも安定したい

・将来に不安を感じる

 

こちらの3つが上位3回答で、それぞれ80%近くが「そう思う」と回答しています。どれも安定志向な回答なのが一目瞭然。

 

その逆に、下位3つの回答はこちら↓

 

・リスクを冒しても、高い目標にチャレンジする仕事がよい

・世界をフィールドに活躍したい

・日本の50年後の未来は明るい

 

それぞれ37%以下で、上位回答の半分以下しか「そう思う」と答えていません。チャレンジ精神がないのが一目瞭然の結果です。

 

もちろんこの回答で「大学生は挑戦心がない」とは言いきれませんが、決して高くないことは納得いただけたと思います。

 

実際僕の周りを見ても、サークル・飲み会・楽な授業など、挑戦どころか同じような日々を怠惰に過ごす大学生が多いです。

 

そしてそういう僕も怠惰な大学生だったので、挑戦する大学生が少ないというアンケート結果には心から納得ですね。

 

 

2, 大学生が挑戦することのメリット

 

大学生

やっぱり人生安定が1番。

挑戦して失敗したら大変だし、

大学生はとにかく遊ぶのが良いよ!

 

「大学生は挑戦しない人が多い」ということがアンケート結果からわかりました。ということは上記のセリフのように…

 

・家でYouTubeやNetflixを見る

・週1~2のサークルと飲み会

・バイトや1Dayインターン

 

などリスクを冒さず遊びまくる大学生活が人気なのかもしれません。

 

しかし、本当にそのままで大丈夫なのか?

 

……答えは「NO!」です。

 

もっと挑戦して、新しいことをドンドン学ぶべきだと私は思います!そう考えた根拠を4つほど解説していきますね。

 

①社会人になると動きづらくなるから

 

 

私は大学生の身ですので、周りの社会人に聞いたこと等を元にお話しします。

 

社会人になると失くなるのが「時間」です。一般的に平日は週5日。朝7時から夜の21時くらいまで拘束されます。

 

更に「夢」が薄れます。仕事をすることで自分の能力がわかり、出来る範囲が明確になるからです。また、家庭、家、車など所有物が増えると、尚更リスクを冒せなくなります。

 

仕事で時間がない→運動する時間が取れないので、体力も衰えがちです。すると身体にもガタがきて、動けなくなるのです。

 

②大学生は「無知ゆえに最強」

 

 

バカなことが堂々とできるのは、気持ち的にも大学生が最後かもしれません。

 

大学生は良い意味で現実を見ていないです。無知ゆえに自分がどこまでやれるのか、お金はいくら稼ぎたいか、自由に夢想できます。

 

これが社会人になると「俺のスキルはこんなもんしかない」「月に2万くらいしか自由に使えない」など、ある程度現実が見えます。

 

つまり、大学生の方が挑戦に対する気持ちのハードルが低いのです。ビビらず、勢いで行動に移せるのはどちらかというと大学生です。

 

③周りのサポートが手厚い

 

 

社会人になると、人に会うのすら簡単じゃなくなります。

 

アポを取り、双方のメリットを述べ、書類を書き、忙しい時間の中調整を重ねてやっと会えるのが社会人。

 

これが大学生だと、メールでアポをして、ある程度会いたいという想いがあれば、すぐに了承してもらえるのです!

 

これは「若者に何か与えたい」という、大人なら誰しもが持つ感情からきていると思います。

 

また学生じゃ「競合他社か?」など考える必要もないので、社会人からしても会いやすい存在なのだろうと思います。

 

挑戦するときにアドバイスをもらいやすいというのは大きなメリットですよね!

 

 

④現状維持=衰退だから

 

 

これは僕がサッカーサークルに入っていた頃に身を以て学びました。

 

僕はサッカー初心者だったのですが、観るのが好きだったことから入団。しかし周りは経験者ばかりで、正直足手まといでした。

 

なので1週目はパスを、2週目はドリブルを、3週目はシュートを……といった感じで毎週スキルアップを図り、努力を続けたんです。

 

その結果初心者の中では最も上手くなり、経験者のチームに入ってもゴールを奪えるほどになりました。

 

これで調子に乗った僕は、そこから特に練習を増やすこともなく過ごしました。一度上手くなったことで、満足しちゃったんです。

 

すると他の初心者だった同期が伸びてきて、僕は埋もれました。「現状に満足すると、周りの変化に追い抜かれる」ということを身を以て学んだ実体験です。

 

 

3, 挑戦する人になる唯一の方法

 

大学生

大学生のうちに挑戦するメリットは多数あるんだね…。でも、僕ビビりなんだよ。どうしたら挑戦心が湧き上がるの?

 

挑戦する人になるには、あなたの根本にある「自信」を増やしていく。コレしか方法はありません。

 

そして自信を増やすには、「小さな成功体験を積み重ねる」ことで知識や勇気が増し、挑むことを恐れなくなります。

 

実際に僕も小さな成功体験を積み重ね、人と話すことにすらビクビクしていた自分を変えました。自分を挑戦心のある性格にすべく、様々な行動をしたんです。今回はその中から特に印象に残っている話をご紹介。

 

僕の「小さな成功体験のエピソード」具体例から、挑戦に踏み出すヒントを得られればと思っています。

 

 

 

僕がブログを始めたのは半年前。就活も半ばに差し掛かったころ。

 

OB訪問でお会いした1人の社会人に、行きたい会社像を話した際、衝撃のお叱りを受けたのです。

 

「何もせず理想を言うだけの奴は、“背が高くて、イケメンで、年収1千万ある男と付き合いたい♪”と言ってる女となんら変わらない」

 

確かに!!と心底納得しました。僕は理想を言うだけの男から脱するべく、現状から飛び出し、新たな挑戦をすると決めたのです。

 

そして思い付いたのが「ブログ」でした。文章を書くことは好きでしたし、周りに影響を与えられる発信力に魅力を感じたのです。

 

そのため、まずは好きなことをテーマにしようと「ブログ 初心者」で始め方を調べ、アイドル関連の記事を書き始めました。

 

文字の色変更さえわからない中、ネットで調べ、書く練習を重ねながら、自分なりに毎日更新を続けます。

 

すると1ヶ月ほど経ったころから、1日2~3人が見てくれるようになり、固定の読者が付いたりもしました。

 

「わからないなりに何か行動すれば、結果は付いてくる」と成功体験を得た僕は、そこから更にブログを成長させていきます。

 

その結果1日10人、20人と増え、今では月に1万人以上が見てくれるブログになりました!

 

4, 「挑戦する人になろう!」あなたにやってほしいこと5選

 

 

挑戦する強い人間になるためには、小さな成功体験を重ね、自信をつけることが必要です。

 

ということで、「挑戦心の強い人になるためにやるべきこと5選」を紹介します。

 

どれも私がやってみて自信が付いたものばかり。今後も挑戦しよう!という気持ちにさせてくれる行動になっています。

 

①日記

 

「今日新しくできたこと」を1文でもいいから残しましょう。それを積み重ねれば1年で365個の挑戦ができたということになるのです!

 

現状維持=衰退ですから、毎日1つ挑戦し、記録する習慣を付ければ周りと大きな差をつけられます。

 

 

オススメはこちらの日記です。書く欄が小さい方が、気持ち的にラクで書く気になります。

 

②読書

 

読書をするメリットはたくさんありますが、1番は「選択肢が増える」ことです。

 

例えば起業なんてあり得ないと感じている人も、「スマホなどで簡単に稼げる方法」が具体的にあると知れば、選択肢の1つになります。

 

 

挑戦していて人生充実してる人は、自ずと仕事もできます。そして仕事ができる人は、正しいやり方が何通りも、知識として脳にインプットされているんです。

 

実際年収3千万以上の人は、年収300万の人の38倍読書をしているというデータがあるほど。勉強と経験から「この場合はこうしよう」と選択する力がついていると考えられますね。

 

挑戦し、成功したいのならまず勉強から!あなたが何をしたいのか、どう挑みたいのかを知るために、読書はオススメです。

 

 

③起業

 

結局コレが1番力が付きます。なぜなら起業は挑戦の連続により成し遂げられる事だからです。

 

仲間を集め、アイデアを出してビジネスを確立し、経理を学び、商談にいき、税金や法律も学び、WebサイトやSNSを立ち上げ……

 

やることが無限にあるのが起業です。成功も失敗も規模が大きく、社会に与えられる影響も大きいからこそ、自信がつきます。

 

ただこれらは社会人になってからじゃ時間やリスク的に挑戦しづらいです。大学生が正直最後のチャンスといえます。

 

ですが、「口に出すのは簡単だけど、実際起業するのは想像つかない」人が多いのも事実。

 

実は現代で起業するのってリスクが少ないんです。色んな方法があるのに知らない人がほとんど。

 

大学生

まあ「1円から起業できる」とか頭ではわかってるんだよね…。でも手続きとか、何をすべかの流れがわからないんだよ!

 

という人に、まずやってみてみてほしい2つの方法をお教えします!

 

A,『サラリーマンこそプライベートカンパニーをつくりなさい!』を読む

 

 

普通のサラリーマンだった著者が莫大な借金を抱え、それを副業で少しずつ返していく話です。実話が元になっています。

 

起業の知識がほとんど無いおじさんが、1つずつ自分のビジネスをこなしていく様を漫画で描いているので、初心者も読みやすいです。

 

「起業・副業とかのやり方が全くわかんねぇ」という人も、本著のとおりに進めれば自社を持つことが出来ます!

 

なのでまずはコチラを読んで、起業のイメージを付けてください。イメージできないことは実現できませんので、大切な過程です。

 

起業や副業といった挑戦は、「すべて失敗しても生きていける基盤」を残しつつ、行うことがコツです。

 

例えばネットビジネスを始めるのも、前提としてメインの仕事をしながらであれば、ミスっても生活はできます。

 

現代は「地を固めながら、次の地を探す」というのが挑戦の大原則です!

 

B, 無料で『お金の教養講座』を受講する

 

出展:ファイナンシャルアカデミー

 

Aの本で起業や副業のやり方がわかったら、次は行動を起こさなくてはなりません。

 

ではどんな行動をするべきなのか?それは「お金の稼ぎ方を成功者から直接学ぶこと」です。

 

お金を稼ぐってなんかゲスい感じがしますよね。でも重要なのはお金じゃなくて、「知識と経験値」

 

お金ってこうやって流通してるんだ、こういう稼ぎ方があるんだ、会社はこうやって利益を生み出してるんだ!

 

それらを総合的に学び、お金に強くなっていくことで「原理原則」が見えてきます。つまり成功法則があなたの中で磨かれるのです。

 

そして成功法則を知るのに1番手っ取り早いのが「実際に稼いでる人の話を聞いちゃう」ことなんです。

 

成功してる人の話をそのまま真似できれば、うまくいくのは当たり前ですよね。また本などと違い、一瞬で「あなたに合った方法」を教えてくれるメリットもあります。

 

そして紹介したお金の教養講座 はお金のプロが講師を務め、有料セミナー勧誘を目的としているため、無料で行われています。

 

資産運用、家計のやりくり、投資の方法や成功論など、4時間くらいで総合的なお金の知識を身につけれる内容です。

 

投資家、ファイナンシャルプランナーといった「お金のプロ」の話を無料で聞き、挑戦する第一歩としてみてください↓

お金で失敗する人生はもったいない「お金の教養講座」

 

「無料って逆に怖い…。高い教材とか、セミナーに強制的に勧誘されるんじゃないの?」と感じる方もいるでしょう。

 

結論からいうと、勧誘は緩いです。アンケートがあるのでそこに「興味ない」と書けば、特に何もせず帰れます。

 

家計のやりくり・多種多様な稼ぎ方を学び、相談までして無料で帰れるのが本講座です。僕もサッサと帰れたので、その辺は無料だからと警戒する必要は無いですよ!

 

 

4, おわりに

 

いかがでしたか?

 

「大学生が挑戦するべき理由」は理解して頂けましたか?最後簡単に本記事の内容をまとめていきます。

 

まとめ

●挑戦しない大学生が増えている

●社会人は時間や気持ち的に、挑戦しづらい

●挑戦するなら大学生が最後のチャンス

●まずは成功者から学び、成功法則を理解した上で挑戦すると効率的!

 

最後に現実をいうと、本記事を読んだだけでは何も変わりません。学びが大事とお伝えはしましたが、挑戦(=行動)ありきの話です。

 

ですから、紹介した5つの方法を試し、少しずつ挑戦に対して自信を付けてください。

 

今変わらなければ、社会人になっても変われません。あなたが挑戦する一歩を踏み出すことを、心から祈っています↓

年間255講座、累計41万人以上が受講したお金の学校定番講座「お金の教養講座」

 

わからないこと等があれば、コメント欄やTwitterから聞いてくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

それでは~、ダンケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!