【Fラン大学生】マーケティングの基礎② (市場を知れば就活有利!)

f:id:donkey-danke:20190407191454j:image

 

ーも!ラブピです!

 

今回は、

『Fラン大学生向け!マーケティングの基礎』

シリーズ第二弾になります!!

 

Fラン文系大学生に所属する私が、

“マーケティング”について学んだことを、

わかりやすく共有する本企画。

 

 

今回は【市場を知る】というテーマです。

 

 

市場とは「今あなたが住む大きな社会」

と言っても良い、経済が行われる環境です!

これを知れば、世の中&企業がわかります。

 

今回はそんな“市場”に関する、

覚えておきたい言葉の説明を軸に、

進めていきたいと思います!

 

就活を有利に進め、

社会人になってから活躍するためにも、

是非最後までご覧下さい^_^

 

 

 

1) マーケティング環境を知ろう!

 

まず知っておきたいワードは、

「マーケティング環境」です。

 

会社に関わる全ての環境のことで、

それらが会社の売り上げに大きく影響します。

ですので、確実に把握しておきたいところ!

 

環境は主に4つに分けることが出来ます。

1つ1つ丁寧に見ていきましょう^ ^

 

 

①内部

 

会社の内部環境のことです。

幹部陣、人事・財務などの部署等…

会社内全てが該当します!

 

「予算はどのくらいあるのか?」

「社内の人間関係は良好か?」

 

などなど、

内部環境に問題点は無いか常に監視し、

もしあれば対処する必要があります!

 

②関連組織

 

下請け会社、取引先など……

自社に関わりのある組織全てが該当します!

こちらも常に監視と改善が必須!!

 

企業の目的を達成するためには、

不可欠な存在であることから、

協調性重視の付き合いが成されます。

 

③競合他社&市場

 

競争関係にある他社と、消費者をまとめた、

最も大きな規模の外部環境になります。

 

ここが売り上げを大きく左右するため、

注意深くチェックすることが必要不可欠です。

 

④マクロ環境

 

政治、経済、災害など……

会社ではコントロール出来ないような、

とてつもない規模の外部環境のことです。

 

 

企業はこれらのマーケティング環境を整理し、

常に監視する必要があるのです。

 

そしてもし問題点があるようならば、

早急に対応することで、

売り上げの低下を防ぐことが出来ます!

 

とても大切な言葉ですので、

是非覚えておきましょう^ ^

 

 

2) セグメント

 

「セグメント」とは『細分化』のことです!

 

会社は市場をいくつかに分類分けすることで、

マーケティングし易くしているのです。

 

市場は主に4つの基準で分けられます。

(今回はザックリとした紹介にさせて頂きます)

 

 

1, 人口属性…年齢,性別,収入,家族構成,職業など

 

2, 地理…国,地方,地域,人口密度,気候など

 

3, 心理…性格, ライフスタイルなど 

 

4, 行動…購買量, ブランドロイヤリティなど

 

 

これらの基準を定め、

商品の求められる層を狙い撃ちした方が、

明らかに効率的なのがわかりますよね?笑

 

セグメントが効果的なのはそのためです。

どこの企業でも使われる言葉ですので、

こちらも必ず覚えておきたいところ(^^)

 

 

3) 市場ポジショニング

 

商品やサービスを効果的に売り出すには、

競合他社を含めて、

自社の物が、現在市場でどの位置にいるのか

しっかり把握する必要があります!

 

市場にて商品の位置付けをすることを、

「市場ポジショニング」と呼びます。

 

 

よりわかりやすく説明する為に、

具体例を見ていきましょう!

 

 

今回は下記の「ピッタマスク」を例にして、

市場ポジショニングを説明いたします↓

ピッタマスクライトグレー(PITTA MASK LIGHT GRAY) 3枚入

ピッタマスクライトグレー(PITTA MASK LIGHT GRAY) 3枚入

 

(注意):素人の 私が勝手に行なったものですので、

調査内容やマーケティング結果として、

実際と大きく異なる点があるかと思います。

あくまで「参考」のためですので、

本格的に捉えすぎないよう、ご注意下さい。

 

 

まずは、マスクの競合他社を見て、

「既存ブランドの位置付け」をしていきます。

こちらの画像をご覧下さい↓↓

f:id:donkey-danke:20190407173703j:image

 

調査したところ、

A社とB社は、

値段は安く、かつデザイン性にも優れた、

バランスの良いマスクを販売しています。

 

その点C社とD社は、

価格は更に安いものの、

デザイン性は皆無のマスクを販売しています。

 

これで他社のマスクに関して、

ザックリ市場の位置関係がわかりましたね!

 

 

続いては、

お客様のニーズをグラフにしていきます!

調査した所、以下のようになりました↓↓

f:id:donkey-danke:20190407174032j:image

 

緑色のところが、

調査で「お客様が欲しいと感じたマスク」

の位置付けです。

 

見てみると、

やはりA〜D社の位置するブランドのマスクは、

ニーズが大きいようですね!

 

とにかく安いマスクが人気な事がわかります^ ^

 

 

しかし!注目して欲しいのは右上です。

「新」と書かれた箇所にも、

小さいですがニーズがありました!

 

この位置のニーズが表すマスクは、

『少し高いけど、デザイン性抜群のマスク』

です!つまり超絶お洒落なマスク!!

 

ここにニーズがあり、他社も居ない事から

新商品として、お洒落でデザイン性に優れた、

カッコいいマスクを開発する事に決めました!

 

 

 

…………はい、こんな感じです!

「市場ポジショニング」をうまく捉える事で、

効率よく商品を売り、稼ぐことが出来ます。

 

理解しておくと、

後々働いた時に活かせるかもしれません(^^)

 

 

4) ターゲット・マーケティング

 

売りたい「ターゲット」を定め、

そのタイプによって取り組み方を変えます。

これが“ターゲット・マーケティング”です!

 

ターゲットマーケティングは、

主に3つのタイプに分けられるそうです。

1つずつ解説していきましょう!

 

①マス・マーケティング

f:id:donkey-danke:20190407175001j:image

 

画像のように、市場を大きなものと捉え、

細分化などをせずに、

市場全体から利益を得るやり方です。

 

コカ・コーラ社などが該当します。

 

②区別化マーケティング

f:id:donkey-danke:20190407175127j:image

 

画像のように、

業界や分野の中で一度商品などを区別し、

その分けたもの1つ1つに着手することで、

網羅的に市場に対応しようとするやり方です。

 

家具ですとニトリなどが該当します。

「大企業だからこそできるマーケティング」

だとされています。

 

③集中化マーケティング

f:id:donkey-danke:20190407175339j:image

 

区別化マーケティングの中から、

更に細分化した所を突いていくやり方です!

(「ベッドの中でも大型の物」など)

 

企業の予算、人員など、

様々な経営資源に照らし、

最も取り組みやすいセグメントにて、

集中的なマーケティング活動を行えます。

 

そのため沢山の企業が取り組みやすく、

最もメジャーなやり方だそうです!

 

 

5) その他

 

さてここまで紹介してきましたが、

実は“市場を踏まえたマーケティング手法”は、

他にも数多く存在します!

 

ですのでここからは、

その他を簡単に紹介していきたいと思います。

 

 

①グローバル・マーケティング

f:id:donkey-danke:20190407185525j:image

 

世界を視野にしたマーケティングです。

 

①資源 (価格、品質、流入ルートなど)

②生産 (労働の質、コスト、生産設備など)

③販売 (所得、消費性向など)

 

こういった面を見た時に、

利益的に有利な国が見つかれば、

そこにアプローチする流れです!

 

 

②エリア・マーケティング

f:id:donkey-danke:20190407190207j:image

 

関東/関西、埼玉/千葉/神奈川、

さいたま市/大宮市/熊谷市……

 

といったように、地域ごとに細分化し、

そこの特性に合わせたものを売るやり方です。

 

③ニッチ・マーケティング

f:id:donkey-danke:20190407190221j:image

 

他の企業によってまだ手を付けられていない、

潜在性のある市場を『ニッチ』と言います!

 

小回りの効くベンチャー企業などが、

“詳細なセグメント化”により、

ニッチ産業を見つけ出し、特化して売る…

というのが通例となっています^ ^

 

 

6) 終わりに

 

いかがでしたか?

 

『マーケティングの基礎 〜市場を知る〜』

参考になりましたでしょうか??

 

Fラン文系大学生レベルでもわかるよう、

限りなく簡単に説明させて頂きました!

 

そのため誤っているところや、

ニュアンスが違う箇所があるかもしれません^^;

 

もしそういった文章があれば、

気軽にコメント欄などで教えて下さい!!

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました!

 

 

*最初の「マーケティングの基礎」

を読んでいない方は、こちらからどうぞ↓↓

love-koba.com

 

 

※「大学生」向けの記事はこちらから↓↓

love-koba.com

 

 

それでは〜、ダンケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!