【大学生】「介護職に就職?スゴイね」若者の介護職イメージとは??

 

ーも!ドンキシェンです!

 

今回は、

『介護職の世間イメージ』

について書いていきます!

 

少子高齢化で、ニーズはめちゃくちゃある…

でも多くの人から敬遠される介護職。

 

「介護の仕事に就く」と言うと、

「スゴイね、私は無理」と返ってくる現代。

 

なぜ介護職は人手不足なのか?

日本の大きな社会問題に繋がる

「介護職イメージ」の悪さ。

 

調べ、感じたことを赤裸々に書いていきます!

全ての人に読んで頂きたい内容です。

 

 

 

1) 介護職の種類

f:id:donkey-danke:20190306155938p:image

 

参照:『介護求人ナビ』

https://www.google.co.jp/amp/s/www.kaigo-kyuujin.com/oyakudachi/basic/8631/amp/

 

“介護職”と一言で言っても、

実は沢山の種類があるんです!

 

多くの人がイメージする“介護職”は、

おそらく上の写真のような仕事でしょう。

 

高齢者の方の、入浴・食事といった、

生活のサポートをする職員のことを、

『ホームヘルパー』と呼びます。

 

昔でいう「ヘルパー2級」という資格が、

現在は「介護職員初任者研修」になっています

それを所持していても、いなくてもなれます!

(ただし出来る仕事の幅は変わってきます)

 

訪問介護で自宅を訪ね介助することもあれば、

“デイサービス”等の「介護施設」にて、

利用者様の介助をすることもあります!

 

f:id:donkey-danke:20190306160746j:image

 

他にも、1人1人の介護プランを考える、

「ケアマネジャー」という仕事や…

 

適した施設やサービスを紹介する、

「生活相談員」という介護職もあります!

 

しかし今回は、より多くの人がイメージする、

「ホームヘルパー」に絞ってお話しします^_^

 

 

2) 介護職の現状

 

f:id:donkey-danke:20190306162015p:image

出展:厚生労働省 2018/9/20

 

上記のグラフにもあるように、

介護職員は慢性的な「人手不足」です!

(職種はヘルパー始め全体的に不足しています)

 

5〜6年後には、本来必要とされる人数に対し、

全国で34万人も介護人材が不足する見通しです

 

でもそんな数字を言われても、

あまりイメージ湧かないですよね?笑笑

説明していきましょう!

 

 

さて通常は、高齢者の方3人に対して1人

の介護職員が就くというのが目安です!

 

これを基準に、

6年後どのくらい人手不足になるかと言うと、

今後は4人を1人で見る感じになります。

 

「なんだ1人高齢者の方が増えるだけか〜」

と思った方、ちょっと考えてみてください!!

 

認知症の方3人を同時に見て、介護するって、

絵にするとこんな感じです↓↓

f:id:donkey-danke:20190306164754j:image

出展:朝日新聞デジタル//イラスト:福井典子

https://www.asahi.com/sp/articles/SDI201810202502.html

 

1人がトイレへ、1人は徘徊、1人は…

となってしまうと、誰を見ればいいのやら(^-^;

とても職員1人では足りない状況になります。

 

目安の3人に1人でさえ実は足りないのに、

更に1人増えるなんて、恐ろしい事なんですね

(この数はどんどん増えていくと予想されます)

 

 

更に言うと、よくある事なのですが、

もし他の介護職員が1人病気になれば、

その分負担が増え、8人を1人で見ることに…。

 

こうなると、余裕は一切ないです!

お風呂に入れる、トイレに行かせる…

あらゆることが後回しになります!

 

そうして、サービスの質は低下

かつ職員も体力・精神の限界を迎えるんです。

 

 

これが介護職員の未来です。

 

 

私の職場は、16人を6人くらいで見ています!

それくらいならまだ余裕がありますが、

もし入居者様が増えたらと考えると……(◞‸◟)

 

 

3) 介護職の世間イメージ

f:id:donkey-danke:20190306170226j:image f:id:donkey-danke:20190306170244j:image

出展:株式会社リクルートキャリア(2018/1/12)

 

上のグラフを見て頂くと分かる通り、

介護職のイメージはかなり定まっています。

 

良いイメージとしては、

「社会貢献性が高い仕事」

というものです。

 

悪いイメージとしては、

「キツくて、給料も安い」

というものです。

 

良い面、悪い面が両方あり、

普通の仕事じゃん!と思うかもしれません。

 

しかしここで、厚生労働省が行なった、

「介護福祉士養成施設の学生」に対する、

介護職のイメージ調査を見て欲しいです↓↓

 

f:id:donkey-danke:20190306170743j:image

出展:第57巻8号「厚生の指標」津田理恵子//2010年

https://www.hws-kyokai.or.jp/images/ronbun/all/201008-5.pdf

 

介護福祉コース専攻の学生81名対象の調査で、

見ての通り「否定的イメージ」が、

全体の6割を超えています。

 

 

他にも、長崎大学が行なった、

「介護イメージ調査」を是非ご覧下さい↓↓

f:id:donkey-danke:20190306171551j:image

出展:介護の仕事のイメージについてのアンケート結果

https://www.pref.nagasaki.jp/shared/uploads/2015/03/1425343908.pdf

 

全年代300名以上の調査対象者のうち、

8割以上の人が「賃金が安い」「キツイ」

という悪いイメージに投票しています。

 

 

これが世間一般の「介護職イメージ」です!

とにかく、『安くて、キツイ仕事』という、

悪いイメージが強くなっているとわかります。

 

その反面「日本において必要な仕事だ」と、

理解している方は多いようです。

 

こうした「やりがいのある仕事」ではあるが、

「安くて大変そうだから、私は就きたくない」

という意見が増加しているのでしょう。

 

だから『介護職に就職する』と言うと、

(わざわざ大変な道を選んで)スゴイね!』

と返答されるのだと考えられます!

 

 

4) 友達に聞いてみた!

f:id:donkey-danke:20190306173327j:image

 

というわけで今回、

私の友人4名ほど(全員大学3年就活生)に、

介護職イメージを聞いてみました!

 

志望職種が介護ではない4人で、男2,女2です。

返信通りに、全て載せますね!

 

・きつそうって感じ!

・給料低いけど成長産業なイメージ

・給料低い

・労働時間長い

・排泄物処理などきついものも多い

・おじいちゃんおばあちゃんは基本純粋。

仕事上の対人関係ストレスはあまりなさそう

・過酷な状況を知ってまで入ってくるので、

働いてる人は好い人が多そう。

・働いてる人は同業者に理解が深そう。

・働いてる人は優しそう。

・働いてる人は仕事にやりがいを求めてそう。

 

読んでみてどうでしょうか??

結構皆色んなイメージを持っていますね!

 

でもやはり「給料が低い」ことは、

全員がイメージしているようです。

就活生にとっては致命的な悪イメージですね^^;

 

他にもザックリと「キツそう」という、

ネガティブイメージで理解を止めている人も、

私の周りの時点で既に何名かいました。

 

 

ここまで悪いイメージが浸透する職業は、

なかなか他に無いのではないでしょうか?笑

 

“大変な面が殆どだけど必要な仕事”

だからこそ「介護職?スゴイね」と言う訳です

 

 

5) 介護職員側の意見

f:id:donkey-danke:20190306185239p:image

 

では世間的なイメージはわかりましたが、

実際働いている職員から見た「介護職」は、

どんな現状にあるのでしょうか?

 

*入浴介助,レクリエーション,臥床(寝る)介助,

バイタルチェックなどを普段しています。

あくまでアルバイト大学生の意見です^ ^

love-koba.com

 

 

 

“働いていて人手不足を感じるか”と聞かれれば

「皆が思うほどではないけど、少し感じる」

という回答になるでしょう。

 

先ほども述べたように、私の職場では、

15〜18人くらいを職員6,7人で見ています。

(要介護度は様々です)

 

1人は風呂、1人は食事作る、2人は送迎、

残り3〜4人はその他家事やレクリエーション…

という割り振りで動いています↓

 

f:id:donkey-danke:20190306190419j:image

 

働いていて思うのは、この人員で

『ギリ余裕を持って回るな』ということです!

 

これ以上人手が減ると、正直厳しく、

1度インフルエンザで2人ほど休んだ時、

目が回るほど忙しかったです。

 

また、その職場の在籍暦が長い人ほど、

仕事量が増えてしまう傾向にもあります…。

(施設についてよく知っているからこそ)

 

忙しさゆえ仕事を教え、割り振る余裕が無く、

“教育する人手が不足”という問題も、

介護分野では出てきている現状です!

 

 

6) 終わりに

 

いかがでしたか?

 

「介護職の現状とイメージ」

多少は理解して頂けたでしょうか??

 

私自身、

福祉系の学科の人が周りにいないのもあり、

今回の調査は“一般大学生の世論”だと言えます

 

これらのイメージを払拭出来ない限り、

介護職はよりイメージ通りの、

厳しいお仕事になってしまうと予想できます。

 

 

それでも、介護職は絶対に必要な仕事です!

 

 

例え“イメージが悪い”という現実があっても、

無くては社会が回らないとさえ言える仕事!

 

ですから、私は介護職の楽しさを見出し、

これからもブログなどを通じて、

沢山発信していきたいと思います!

 

 

最後に、女の子の友達が言ってくれた、

嬉しい介護職のイメージを載せて終わります….

 

 

体力勝負なところもあると思うけど、人をそばでサポートして支えられるし、人生を楽しくさせることできるから、私の中では身近なエンターテイナーになれる職業のイメージです!

 

 

悪いイメージで終わらない介護職のために^ ^

これからも全員で頑張っていきましょう!

 

 

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました!

 

その他介護系ブログも、

この機会にぜひ読んで下さると嬉しいです

love-koba.com

love-koba.com

 

 

それでは〜、ダンケ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大学生男子。埼玉県在住。高校生の頃にSKE48にハマってから、坂道シリーズのオタに。現在ドルオタ歴7年目。映画・読書・SNS運用・就活・バイト情報に精通。「趣味+現実」の充実するブログを書き、愛と平和を満たす!